開放と解放の違い!使い分けるのは意外に簡単だった!?

『開放』と『解放』。

どちらも読みは「かいほう」で同じですが、
漢字が違えば意味も違います。

いわゆる同音異義語ってやつです。

面倒ですねぇ…(;~ ~)

でもこの2つ、
音が同じってだけで意味や使いどころは
結構大きく違います。

違いを正しく知っておくことが大切です。

というわけで今回は
『開放』と『解放』の違い
調べてみました。

  • 開放と解放の違いとは?

について、例文や対義語も合わせて
詳しくお話しします。

『開放』と『解放』は意味が大きく違う分
理解や使い分けもわかりやすいです。

一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク



開放と解放の違いとは?

『開放』と『解放』の違いは

  • なにが自由になるのか

の1点です。

対義語を考えると
使い分けが簡単になります(^^)

a.開放の意味・対義語とは?

『開放』を辞書で調べてみると、

  1. 門や戸などをあけはなすこと。あけたままにしておくこと。
  2. 制限をなくして、自由に出入りさせること。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『開放』とは
空間的に自由になることをいいます。

 

『開放』は「開け放つ」が
2文字熟語になった言葉で、
対義語は『閉鎖』です。

『開放』と『閉鎖』は
空間的な自由不自由を示す言葉として
使われます。

a.開放の例文

空間的な自由…とかいわれても
イメージわかないですよね(;^ ^)

『開放』の例文をみていきましょう。

  • ドアの開放禁止
  • ドアを開放して空気を入れ替える。
  • 門戸をひろく開放してことで、
    門下生かが増えた。
  • 次の政権の目玉政策は市場開放だ。
  • 久しぶりに山に登って
    開放的な気分を味わう。

b.解放の意味・対義語とは?

『解放』を辞書で調べてみると、

からだや心の束縛や制限を取り除いて自由にすること。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『解放』とは
肉体的・精神的に自由になることをいいます。

 

『解放』は「解き放つ」が
2文字熟語になった言葉で、
対義語は『束縛』です。

『解放』と『束縛』は
肉体的な拘束や自由だったり
精神的な制限などを示す言葉として
使われます。

b.解放の例文

『解放』の例文をみていきましょう。

  • 子育てから解放される。
  • テスト期間が終わり、勉強から解放される。
  • リンカーンは奴隷を解放した。
  • 人質を解放して投降しろ!
    田舎のお母さんが泣いているぞ!
  • 久しぶりに山に登って
    解放的な気分を味わう。

 

空間的な自由を示す『開放』より
イメージしやすいかもしれません(^ ^)

 

『開放』と『解放』は
同じ文章にあてはめても違和感はありません。

あなたの伝えたいことが空間的な自由さなのか、
肉体的・精神的な自由さなのかによって
使い分けましょう。

たとえば

「子どもを夫にまかせて
久しぶりに1人で外出し、カイホウ的だ」

という文章で考えてみましょう。

『開放』を使うと、狭い家から出て
外の景色や空気を楽しんでいる
という意味で伝わります。

『解放』を使うと、
子育てや家事をしなくていい自由を
堪能しているという意味になります。

 

『開放』と『解放』の意味と対義語
  • 開放:
    空間的に自由になること。
    対義語は『閉鎖』。
  • 解放:
    肉体的・精神的に自由になること。
    対義語は『束縛』。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

『開放』と『解放』は

  • なにが自由になるのか

という1点が違う言葉です。

  • 開放:
    空間的に自由になること。
    対義語は『閉鎖』。
  • 解放:
    肉体的・精神的に自由になること。
    対義語は『束縛』。

使い分けに迷ったときは
それぞれの対義語を思い浮かべる
わかりやすいですよ(^ ^)

 

ちなみに…
『開放』と『解放』と同じく
読みは同じなのに意味が違う言葉に、
『体制』『態勢』『大勢』『体勢』があります。

⇒体制・態勢・大勢・体勢の違い!例文で使い分けを解説

全部読みは「たいせい」なのに、
この4つは大きく意味が違うんですよ!

ぜひこちらも記事も
一度読んでみてくださいね(*^-^*)

Sponsored Links


言葉の違い



sweetflowerをフォローする
違いを解決するサイト