体制・態勢・大勢・体勢の違い!例文で使い分けを解説

体制』と『態勢』と『大勢』と『体勢』。

どれも読みは「タイセイ」で同じですが、
まったく意味が違います。

でも…この4つの漢字の使い分け、
難しいですよね(-_-;)

そこで今回は
『体制』『態勢』『大勢』『体勢』の違い
調べてみました。

  • 体制・態勢・大勢・体勢の違いとは?
  • 例文で使い分けを解説

について詳しくお話しします。

この5つ、ビジネスの世界でも
「商品を量産できるタイセイを整える」
というように意外とよく使う言葉です。

うっかり恥をかかないように、
違いをしっかりとおさえておきましょう!

スポンサーリンク



体制・態勢・大勢・体勢の違いとは?

『体制』『態勢』『大勢』『体勢』
の違いはずばり!

  • 意味そのもの

です。

この4つは読みは同じでも
まったくの同音異義語。

それぞれの意味を
確認していきましょう。

1.体制の意味とは?

『体制』を辞書で調べてみると、

  1. 各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態。
  2. 社会が一定の原理によって組織だてられている状態。政治支配の形式。社会の仕組み。
  3. その時代の社会を支配する権力。
    (引用元:コトバンク

とあります。

少しむずかしいですね(-_-;)

とっても簡単にいうと「仕組み」のことです。

 

体制の”体”の字には
「身体や物」という意味があり、
”制”の字には
「とりきめられた形」という意味があります。

この2つが合わさって、
「身体や物のとりきめられた形=仕組み」
という『体制』の意味ができました。

2.態勢の意味とは?

『態勢』を辞書で調べてみると、

ある物事や情勢に対してとる構え。
(引用元:コトバンク

とあります。

簡単にいうと
身体や心や物の姿勢や準備のことです。

 

『体制』はもう仕組みなどが
出来上がったイメージですが、
『態勢』は準備段階のイメージです。

3.大勢の意味とは?

『大勢』を辞書で調べてみると、

  1. 物事の一般的な傾向。大体の状況。
  2. 世のなりゆき。天下の形勢。
  3.  大きな権勢。強い勢力。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり、
物事の状況やなりゆきのことです。

 

大勢の”大”の字には
「だいたいの」という意味があり、
”勢”の字には
「様子や状況」という意味があります。

この2つが合わさって、
「だいたいの状況=大勢
に意味になりました。

4.体勢の意味とは?

『体勢』を辞書で調べてみると、

からだの構え。姿勢。
(引用元:コトバンク

とあります。

これはわかりやすいですね(^^)

”体”と「様子や状況」の意味の”勢”で、
「体の様子や姿勢」という意味になりました。

 

『体制』『態勢』『大勢』『体勢』の違い
  • 体制:
    仕組みのこと。
    出来上がったイメージ。
  • 態勢:
    姿勢や準備のこと。
    準備段階のイメージ。
  • 大勢:
    物事の状況やなりゆきのこと
  • 体勢:
    体の姿勢や様子。
スポンサーリンク

体制・態勢・大勢・体勢!例文で使い分けを解説

意味を確認したところで、
例文で使い分けをみておきましょう。

体制の例文

  • 社会の仕組み=政治体制
  • 会社の経営の仕組み⇒経営体制
  • 工場のラインの仕組み⇒生産体制
  • 仕組みを整える⇒体制を整える

態勢の例文

  • 飛行機の着陸の準備⇒着陸態勢
  • 衝撃から身を守る姿勢⇒防御態勢
  • 準備万端で臨む⇒万全の態勢で臨む
  • 準備を整える⇒態勢を整える

大勢の例文

  • 状況を把握する⇒大勢を知る
  • 勝敗は決まりつつある⇒大勢は決した

体勢の例文

  • ヨガのポーズ=ヨガの体勢
  • ずっと同じ姿勢でいる⇒体勢を固める
  • 楽な体制をとる

まとめ

いかがでしたか?

『体制』『態勢』『大勢』『体勢』の違いは

  • 体制:
    仕組みのこと。
    出来上がったイメージ。
  • 態勢:
    姿勢や準備のこと。
    準備段階のイメージ。
  • 大勢:
    物事の状況やなりゆきのこと
  • 体勢:
    体の姿勢や様子。

です。

同じ読みでも、意味は全く違います。

注意してくださいね(^^)

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト