主催と共催は同じ意味?協力・協賛・後援との違いとは?

『主催』と『共催』。

『協力』と『協賛』と『後援』。

なんだか似てますよね…。

ついつい同じような意味で
使ってしまう言葉です(;^^)

でも実はこの5つ、
微妙に意味が違っているんです!

今回は
『主催』と『共催』、
『協力』と『協賛』と『後援』の違い

調べてみました。

  • 協力・協賛・後援との違いとは?
  • 主催と共催は同じ意味?何が違うの?

について詳しくお話しします。

子ども会の行事や会社のイベントなど、
意外と使う機会が多いこの5つ。

この機会に、違いをしっかりと
おさえておきましょう!

スポンサーリンク



協力・協賛・後援との違いとは?

まずは『協力』と『協賛』と『後援』の違いから
みていきましょう。

この3つの違いは

  • なにに
  • どの立場で

たずさわるのかという点にあります。

1.協力(きょうりょく)の意味とは?

『協力』を辞書で調べてみると、

力を合わせて事にあたること。
(引用元:コトバンク

とあります。

さきほどの相違点をみてみると、

  • なにに:制限なし
  • どの立場で:制限なし

というわけです。

つまり『協力』とは、
なにに対してであれ力を出し合って
事にあたることという意味です。

2.協賛(きょうさん)の意味とは?

次に『協賛』をみてみましょう。

『協賛』を辞書で調べてみると、

 事業・催し物などの趣旨に賛成し、協力すること。
(引用元:コトバンク

とあります。

相違点をみてみると、

  • なにに:事業・催し物など
  • どの立場で:趣旨に賛成の立場として

というわけです。

つまり『協賛』とは、
事業などの賛成者の立場として
力を貸すという意味です。

 

もちろん、『協賛』は
「趣旨に賛成して協力する」
と言い換えても間違いではありません。

しかし『協賛』は主に
企業や団体がイベントなどに協力するときに
使われるという特徴があります。

また『協力』は内心賛成していなくても
使うことができますが、
『協賛』は暗黙のうちに
趣旨に賛成しているという意味になります。

3.後援(こうえん)の意味とは?

『後援』を辞書で調べてみると、

仕事や計画などの後ろだてとなって、資金を提供したり便宜を図ったりして援助すること。
(引用元:コトバンク

とあります。

相違点をみてみると、

  • なにに:仕事や事業など
  • どの立場で:後ろ盾の立場として

というわけです。

つまり『後援』とは、
事業などをあくまでも後ろ盾として
後方から支援するという意味です。

 

『協力』や『協賛』との最大の違いは
やはり後ろ盾という立場です。

”〇〇代議士の後援会”や”力士の後援会”など、
その人の日陰となって
資金を融通したり応援するのが
『後援』なのです。

 

『協力』『協賛』『後援』との違い
  • 協力:
    立場は関係なく、力をあわせること
  • 協賛:
    事業などに賛成の立場で、力を貸すこと
  • 後援:
    後ろ盾の立場で、事業などを支援すること

 

スポンサーリンク

主催と共催は同じ意味?何が違うの?

次は『主催』と『共催』の違いを
見ていきましょう。

この2つ、どちらも
イベントなどを催すという意味ですが、

  • 中心的な立場の人(団体)が何人いるか

という点に違いがあります。

1.主催(しゅさい)の意味とは?

『主催』を辞書で調べてみると、

中心となって会合や行事などを行うこと。また、その人や団体・機関。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『主催』とは、
中心の立場で催すとという意味です。

中心的な立場の人が1人の場合、
『主催』を使います。

2.共催(きょうさい)の意味とは?

中心の立場の『主催』に対し
『共催』とは、

二つ以上の団体が共同で一つの催しを行うこと。
(引用元:コトバンク

とあります。

 

つまり『共催』は、
誰かと共同という立場で
協力しあって催す
という意味です。

 

  • 主催が1人の場合⇒主催
  • 主催的立場が2人以上の場合⇒共催

を使います。

 

 

『主催』『共催』の違い
  • どちらも
    「中心となってイベントなどを催す」
    という意味
  • 主催:
    中心的な立場の人が1人の場合
  • 共催:
    中心的な立場の人が2人以上の場合

まとめ

いかがでしたか?

『協力』『協賛』『後援』の違い

  • 協力:
    立場は関係なく、力をあわせること
  • 協賛:
    事業などに賛成の立場で、力を貸すこと
  • 後援:
    後ろ盾の立場で、事業などを支援すること

です。

”なにに””どの立場で”という2点が
異なっているのですね(^^)

 

また『主催』と『共催』の違いは
どちらも中心となって
イベントなどを催すという意味です。

違いは中心となる人の人数で、

  • 中心的な立場の人が1人⇒主催
  • 中心的な立場の人が2人以上⇒共催

を使います。

 

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト