ピラフとチャーハンの違い!パエリアの違いも紹介!

お腹が空いたときに、冷蔵庫の
残り物ですぐに作れるチャーハン。

このチャーハンと同じような
食べ物でピラフの存在がありますね。

見た目は違いますが、材料や味付けは
多少似ていますし、明確な違いはない
ように思います。

また、ご飯を使って作るというところも
同じですよね?

そこで、今回は「チャーハン」と
「ピラフ」の違い、また「パエリア」との
違いも混ぜてご紹介します☆

スポンサーリンク



ピラフとチャーハンの違い!

同じお米を使い、食材や味付けは
特にそこまで違いがないように見える
チャーハンとピラフについて、

早速、下記からそれぞれ解説を行って
いきたいと思います!

a.ピラフとは?どこの国からきたの?

まず、ピラフがどこの国から来たのか
ということですが、

ピラフはフランスで生まれたと
されています。

その後、日本でも愛されるように
なって日本人向けの味にアレンジされた
ようです。

次の項目では、ピラフの作り方
ついて見てみましょう☆

a.ピラフの作り方とは?

ピラフはまず生米(炊く前のお米)と
みじん切りの玉ねぎをバターで炒め、
スープを足します。

その後は肉や野菜など、お好みの食材を
投入して時間をかけて、ゆっくりと炊いて
いくのです。

炊きこむことを意外と知らない人も
いるようで、また炊く前の生米を
最初に使うのもポイントですね。

スポンサーリンク

b.チャーハンとは?どこの国からきたの?

中華料理屋でも必ず見かける
くらいなので、発祥はもちろん
中国です。

チャーハンは何を入れても基本、
美味しく作れて料理が苦手な人にも
おすすめの1品ですね☆

b.チャーハンの作り方とは?

チャーハンの作り方は知っている人も
多いかもしれませんが、

炊いたお米に溶き卵を混ぜて
お好みで、肉や野菜を加えて
炒めていきます。

簡単に作れ、時間もかからない
手軽な料理といえるでしょう!

ピラフと違うのは、炊いた米を
炒めることと、炒める際にバターを
使わないこと。

 

パエリアとの違いとは?どこの国からきたの?

パエリアはフランスでも、中国
でもなく、スペインの料理です。

パエリアはフライパンにオリーブ
オイルを入れて、生米を炒めます。

その後で、海老や貝などのシーフード
や野菜を入れて煮詰めていきます。

最初に生米を使う点はピラフと
同じですが、パエリアとの違いは

パエリアの場合は、煮詰めて作る
ところになります!

Sponsored Links

リゾット・焼き飯の違いとは?何が違うの?

さてさて、お次は焼き飯とリゾットの
違いについて見ていきましょう。

これらも混同する人が多いよう
ですので、それぞれの特徴と
違いについて見ていきます。

1.リゾットとは?

リゾットはイタリアの料理で、
生米をバターで炒め、

ブイヨンという肉や骨から作った
スープを加えて雑炊風に炒めたもの。

また、生クリームや魚介、
キノコを混ぜて仕上げるのが
定番です!

2.焼き飯とは?チャーハンとは違うの?

焼き飯はお好み焼きや、焼きそばなど、
鉄板を使って作る料理で、関西が発祥
なっています。

チャーハンとの違いは炒めるのでは
なくて、焼いて作るという点です。

それ以外には、特にこれといって
大きな違いはないのだそうです(*^^*)

 

まとめ

いかがでしたか?

お米を使った料理で本当に種類が
豊富ですよね?

もし、紹介した中で気になった料理が
あればチャレンジしてみては?

最後にチャーハン、ピラフ、
パエリアの違いだけおさらい
しましょう♪

≪チャーハン≫※中国料理
炊き上げたご飯を油で炒め、
少し火が入ったところで、

お好みの材料を入れて、更に
炒めていく。

≪ピラフ≫※フランス料理
生米と具材をバターで炒め、
スープをたす。

その後は肉や野菜など、お好みの
食材を投入して時間をかけて、
炊いていく。

≪パエリア≫※スペイン料理
パエリアはフライパンにオリーブ
オイルを入れて、生米を炒める。

その後で、海老や貝などの魚介や
野菜を入れて煮詰めていく。

今回の食べ物は主に海外発祥の
食べ物ばかりでしたが、

日本発祥の食べ物も混同されている
言葉があるのです!

⇒ラーメン・中華そば・支那そばの違い!時代が違うだけ?

日本人に愛され、食べられている
食べ物ですが、これらの明確な
違いは何でしょうか?

興味がある人は、この記事と
併せて読んでみてくださいね♪

Sponsored Links


食べ物の違い



小嶋綾那をフォローする
違いを解決するサイト