超えると越えるの違い!年齢をこえるのはどっち?

日本語というのは難しいもので、
違う漢字でも読み方・意味が違う単語が
とても多いでしよね?

超える越える

この2つはどちらも『コエル』と読みます。

似たような漢字で、意味も微妙に似ていますが
正しい意味と違いをご存知でしょうか?

正直私もどちらを使えばいいのか
よく迷っています(^^;;

そこで今回は、
『超える』と『越える』の意味と違いについて
調べてみました。

  • 超えると越えるの違いとは?
  • 年齢をこえるのはどっちが正しい?
  • 身長・数をこえるのはどっちを使うべき?

について詳しくお話ししていきたいと思います。

正直、どっちでもいいのでは?
と思われるような小さな違いですが、
そこにはきちんと意味があります。

使い間違えて赤面することのないように
ここで違いをはっきりと確認しちゃいましょう。

スポンサーリンク



超えると越えるの違いとは?

越える超える
これらにはどんな違いがあるのでしょうか。

ざっくりとした違いは

事柄を上回るのか、通り過ぎるのかです。

どういうことなのかは
次項で順番に説明していきます。

1.超えるの意味とは?

『超える』とは?

  1. 基準・数値を上回る。
  2. 考え方や立場からさらに先を行く
  3. 他より優れる
    (引用元:コトバンク)

とのことです。

ということは、『超える』とは
ある基準や立場からさらに上回る
という意味ということですね。

『超人』や『超越』などにも
『超』という漢字は使われていますよね。

限度をこしたり、抜きんでているという時に
この『超える』を使うということですね。

例)
能力の限界を超えている
利害を超えて業界に尽くす

2.越えるの意味とは?

では『越える』はどんな意味合いなのでしょう。

『越える』とは

  1. 障害物などの上を通り過ぎること
  2. 日時が過ぎる
    (引用元:コトバンク)

ということです。

つまり『越える』とは
場所や時間、物事を通り過ぎること
を指します。

『越冬』『年越し』『越境』
で使われるように、

物や境界線、時間が過ぎていく際に
使われるということですね。

例)
遠く海を超えた外国まで広がる
峠を越えて町に出る
野を越え、山を越えて列車は走る
ラインを越える

 

スポンサーリンク

 

年齢をこえるのはどっちが正しい?

では上記を踏まえて、よく使われる
年齢をこえる時

『超える』と『越える』の
どちらが正しいのでしょうか。

答えは…
「年齢を越える」が正解です。

その年齢までの年月を
通り過ぎることになるので
『越える』が正解なのです◎

身長・数をこえるのはどっちを使うべき?

では
身長・数がこえる場合
どうでしょう。

10万円をこえる額
過半数をこえる
子供が親の身長をこえる
人口が100万人をこえる

など、こちらもよく聞くフレーズですね。

答えは…
「身長・数が超える」が正解です。

これは身長や数という
「数値」が上回るというものなので、
『超える』が正解なのです◎

まとめ

いかがでしたか?
意外と分かりづらかった
『超える』と『越える』の違い
お分かりいただけましたか?

  • 超える:
    ある基準や数値、立場からさらに上回る
  • 越える:
    その年月や障害物を通り過ぎること

使いわけのポイントは
事柄を上回るのか通り過ぎるのかです。

『能力の限界をこえる』
『40000人をこえる大衆』など
能力や基準、数値を上回るならば『超える』、

『海をこえる』
『年をこす』『県をこえる』など
年月や障害物などを通り過ぎるなら『越える

が正しい使い方となります。

もしも使い分けに困ったならば、
その事柄が「上回る」のか「通り過ぎる」のか
振り分けてみてください。

それが「上回る」のであれば
『超える』が正しい選択になりますよ。

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト