根本的と抜本的の違い!正しい使い方を分かりやすく解説

『根本的』と『抜本的』。

どちらも問題を解決するときなどに
よく使う言葉ですよね。

「根本的に解決しましょう!」とか
「抜本的な解決策を探しましょう!」とか言うと
なんだかかっこいいです(^^)

でも…
『根本的』な解決と『抜本的』な解決は
いったいなにが違うのでしょうか…??

そこで今回は
『根本的』と『抜本的』の違い
調べてみました。

  • 根本的と抜本的の違いとは?
  • どういう時に使うの?例文で分かりやすく解説

について詳しくお話しします。

この2つの違い、実はとっても簡単なので
この記事を読めばみなさんマスターできます。

一緒に勉強していきましょう。

スポンサーリンク



根本的と抜本的の違いとは?

『根本的』と『抜本的』の違いはずばり

  • 改めることを前提とするかどうか

の1点だけ。

簡単でしょ?(*^^*)

それぞれ詳しくみていきましょう。

1.根本的の意味とは?

まずは『根本的』から。

『根本的』を辞書で調べてみると、

物事が成り立っているおおもとに関するさま。基本的であるさま。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『根本的』とは
物事の基本そのもののことです。

『根本的』は改めることを前提とはせず、
ただ物事の根元の部分を示す言葉です。

 

『根本的』の語源は木の根元です。

大木を支える根元のように、
物事の基本となる部分を『根本』といいます。

2.抜本的の意味とは?

では次は『抜本的』をみていきましょう。

『抜本的』を辞書で調べてみると、

根本に立ち戻って是正するさま。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『抜本的』とは
物事の基本を改めることです。

『抜本的』は
改めることを前提としているのです。

改めることを前提としない『根本的』とは
ここが大きく違っています。

わかりやすい違いなので、
ここさえ覚えておけば完璧です(^^)

 

『抜本的』の「抜」は取り除くという意味で、
「本」は根元や基本という意味です。

この2つが合わさって、
根元の問題を取り除く『抜本的』という
言葉になったといわれています。

スポンサーリンク

どういう時に使うの?例文で分かりやすく解説

『根本的』と『抜本的』の違いは
もう完璧だと思います。

ここでもう一押しして、
どういう時に使うのかを確認しておきましょう。

例文で使い分けの具体例を
ご紹介しますね。

1.根本的の場合

『根本的』は物事の基本そのものなので、
多くの場面で使うことができます。

  • あの人は根本的に勘違いしている。
  • 彼は性格が根本的にゆがんでいる。
  • 根本的な解決策を探そう。
  • あの子は根本的にはやさしいが
    口が悪いので誤解を招きやすい。

改めることを前提とはしていないため、
良いことにも悪いことにも使えます。

2.抜本的の場合

『抜本的』は物事の基本を改めることなので
使える場面が限られています。

  • 抜本的な処置をとる。
  • 抜本的な解決策を探そう。
  • 抜本的な改革をしないと、
    この会社はだめになる。
  • 抜本的な経営の見直しをする。

改めることを前提としているため、
改善が必要な悪いことにだけ使います。

まとめ

いかがでしたか?

『根本的」と『抜本的』はそれぞれ、

  • 根本的:
    物事の基本そのもの
  • 抜本的:
    物事の基本を改めること

という意味の言葉です。

つまりこの2つの違いはずばり

  • 改めることを前提とするかどうか

の1点だけです。

わかりやすいですね(^^)

この1点さえ覚えておけば
『根本的』と『抜本的』の意味と使い分けは
もう完璧です!

 

『根本的』は改善を前提としていないので、
良いことにも悪いことにも
さまざまな場面で使うことができます。

逆に『根本的』は改善を前提としているので、
改めることが必要な場面にしか使えません。

たとえば「抜本的な間違い」などの使い方は
できません。

注意してくださいね。

 

Sponsored Links


言葉の違い



sweetflowerをフォローする
違いを解決するサイト