フィナンシェ・マドレーヌ・マフィンの違い!材料・味は同じなの?

美味しくて人気のおしゃれなお菓子、
「マドレーヌ」や「マフィン」、
「フィナンシェ」

どれも名前からしてすごく美味しそう
ですよね?

それぞれ形が違うので、違うお菓子と
いうことは分かりますが、

見た目も似ているし、味の違いも
いまいち分からない・・・

「このお菓子たちは何が違うの?」

と感じたことがある人もいるのでは?

今回は、ティータイムを華やかにして
くれる洋菓子「マドレーヌ」「マフィン」
「フィナンシェ」の違いと材料について
解説しちゃいます(*^-^*)

スポンサーリンク



フィナンシェ・マドレーヌ・マフィンの違いとは?

見た目もおしゃれで、とても美味しい
洋菓子の「マフィン」「マドレーヌ」
「フィナンシェ」の違いは何でしょうか?

最初に説明しておくと、マドレーヌと
フィナンシェはともに「フランス」発祥
お菓子です☆

また、マフィンには2つの種類があるのを
知っていましたか?

1つ目は「アメリカ式」のマフィン、この
マフィンは焼き菓子として知られています。

そして、2つ目はファストフード店の
朝メニューでもお馴染みのマフィンは
「イギリス式」となっています。

マフィンはそれぞれの形にちょっとした
特徴があって、「タルトレット」という
波形の縁のできる形や、

カップケーキの型で焼いたものなど、
形に特別に決まりがあるわけでは
ないのです。

マドレーヌに関しては、一般的に
連想するのは「シエル(貝)」
マフィンではないでしょうか?

マフィンの話が少し長くなりましたが、
まず最初に「フィナンシェ」の解説から
入っていきますね♪

a.フィナンシェの語源とは?

前述でも少しお話ししましたが、
フィナンシェはフランス発祥の
お菓子になります。

「フィナンシェ」

とはフランス語で「金融家」という
意味があります。

このお菓子は「金融街」で働く人たちへ
向けて作られたお菓子なのです。

そういえば、形が延べ棒に似ていると
思いませんか?

そう!「金の延べ棒」を表現している
ですね(*^-^*)

金融街の人は毎日、バタバタと忙しく
働いていたことから、

「金融街で働く人がで気楽に食べられる
お菓子を作ろう!」

と職人が思い立ち、作られたお菓子
なんです!

スポンサーリンク

a.フィナンシェの材料とは?

フィナンシェは毎日忙しく働く
「金融街」の人たちへ向けて作られた
お菓子ですが・・・

クッキーなどのように、食べると
食べカスがこぼれ、スーツを汚してしまう
お菓子が多かったのです。

そこで、考えられたのがバターを多く入れて
こぼれにくいお菓子「フィナンシェ」が誕生
したというわけ。

フィナンシェを食べたときの触感は、
焦がしバターの風味を持った、

表面はサクサクしていて、なかは柔らかい
触感になっていいます。

フィナンシェの材料は以下のように
なっています。

フィナンシェの材料

●卵白
●薄力粉
●バター
●砂糖
●アーモンドプードル

ベーキングパウダーを使わず、
薄力粉を少なめに使用します。

アーモンドプードルはたっぷり
入れるのが特徴のようです!

b.マドレーヌの語源とは?

さて、お次はマドレーヌの語源に
ついて見ていきましょうか。

マドレーヌは、「貝の形」をしたものが
一般的ですね。

マドレーヌの語源については、
由来がいくつかあるので表に
まとめました。

マドレーヌの語源とは?

●「マドレーヌ・ポルミエ」という召使が作った
●「マドレーヌ・シナモン」という料理人が作った
●「マドレーヌ」という女性が作った

どの説が正しいのか、今のところ分かっては
いませんが、「マドレーヌ」という名前の
人物が作ったという説が濃厚のようですね。

b.マドレーヌの材料とは?

マドレーヌはどのような材料を
使って作られているのでしょうか?

上記で説明した、フィナンシェと
少々レシピが似通っているところも
あります。

マドレーヌの材料

●卵
●薄力粉
●砂糖
●バター
●ベーキングパウダー

特徴としては、卵と薄力粉以外の
材料が同量で入れられます。

また、お好みでレモン汁を足して
みても美味しいです♡

Sponsored Links

c.マフィンの語源とは?

マフィンの語源はというのは、
貴婦人たちが手を温めるために
使っていた「マフ」。

このマフの代わりにパンで
手を温めることがしばしばあった
ようです。

そこから「マフィン」という名前が
きていると言われています。

ちなみに、マフというのは両端から
手を入れる円筒状のファッション小物の
ことです。

c.マフィンの材料とは?

マフィンの材料はかなりマドレーヌと
激似です。

異なっているのは、ほんのわずかな
部分だけとなっています!

マフィンの材料

●卵
●薄力粉
●砂糖
●牛乳
●ベーキングパウダー
●油脂(バター)

マドレーヌとの違いはほぼ「牛乳」だけ
ということになりますね。

また、マドレーヌは卵とベーキングパウダー
以外の材料は同量に入れますが、

マフィンの場合は、薄力粉がその他の
材料(砂糖、牛乳、バター)の倍の量を
使うことです!

 

マフィンにはアメリカ式とイギリス式があるの?

最初の前述でも、少し話しましたが
マフィンには「アメリカ式」と
「イギリス式」があります。

焼き菓子で知られるのは、「アメリカ式」
高さのある丸いカップで焼かれるのが一般的
でしょう。

ファーストフードで見かけるマフィンは
「イギリス式」で平たい円形に焼き上げて
作られますね。

 

まとめ

こう考えてみると、それぞれ形も
材料も異なっていますね。

●フィナンシェ
形:延べ棒のような長方形
発祥:フランス

●マドレーヌ
形:貝の形
発祥:フランス

●マフィン
形:小さな円柱
発祥:不明

材料に関しては一部入れるものが
違うというだけでした。

同じように焼き菓子で、違いがあるのか
分かりにくいものは他にもあります。

⇒パンケーキとホットケーキの違い!作り方や材料は同じなの?

この2つも人気の焼き菓子ですが、違いが
はっきり知っている人は少ないと思います。

ぜひ、記事読んで違いをすっきりさせて
みてくださいね(*^-^*)

Sponsored Links


食べ物の違い



小嶋綾那をフォローする
違いを解決するサイト