飛行機・航空機・旅客機の違い!ヘリコプターはどれ?

『飛行機』『航空機』『旅客機』。

どれも空飛ぶ乗り物ですが、
この3つの違い、わかりますか??

いざ「違い」っていわれると
つまってしまいますよね(-_-;)

この3つ、似ているようで
実は微妙に意味が違っているんです!

今回は
『飛行機』『航空機』『旅客機』の違い
調べてみました。

  • 飛行機・航空機・旅客機の違いとは?
  • ヘリコプターが該当するのは?
    他には何があるの?
  • 旅行で乗る機体はどれに該当する?

について詳しくお話しします。

ニュースなどを注意深く聞いていると
この3つがきちんと
使い分けられているのがわかって
面白いです(*^-^*)

スポンサーリンク



飛行機・航空機・旅客機の違いとは?

『飛行機』『航空機』『旅客機』の違いは
ずばり!

  • 推進力を備えているか
  • 固定翼で飛ぶか
  • 目的

の3点です。

1つずつどういうものか
詳しくみていきましょう。

1.飛行機とは?

まずは一番なじみのある言葉『飛行機』から。

『飛行機』を辞書で調べてみると、

推進用のジェットエンジンやプロペラを備え、前進に伴う空気流を固定翼によって揚力に変え、空中を飛行する航空機。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『飛行機』とは
エンジンやプロペラなどの推進力装置を備えた
固定翼で空を飛ぶ航空機の1種
というわけです。

厳密にいうと、
紙飛行機はエンジンがついてないので
飛行機じゃないってことですね(´;ω;`)

2.航空機とは?

次にもっとも意味が広い『航空機』を
みていきましょう。

『航空機』を辞書で調べてみると、

人が乗って空中を航行する機器の総称。飛行船・気球・グライダー・飛行機・ヘリコプターなど。現在では主に飛行機をさす。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『航空機』とは
人が乗って空を飛ぶことができる乗り物全部
というわけです。

人が乗れればなんでもいいので、
パラグアイダーなど推進力のないものも
すべて『航空機』に含まれます。

3.旅客機とは?

最後は『旅客機』です。

『旅客機』を辞書で調べてみると、

旅客を輸送する飛行機。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『旅客機』とは
お客さんを運ぶための飛行機というわけです。

お客さんを運ぶことが目的なので、
自衛隊やエアーフォースワンなどは
旅客機ではありません。

また、お客さんを安全に運ぶために
旅客機には航空機としての安全性のほかに

  • 食事を提供する設備
  • 空調設備
  • 非常口
  • エンジン2台以上
  • 操縦士2人以上

などさまざまなルールがあります。

『飛行機』『航空機』『旅客機』の違い
  • 飛行機:
    エンジンやプロペラなどの推進力装置を備えた
    固定翼で空を飛ぶ航空機の1種
  • 航空機:
    人が乗って空を飛ぶことができる乗り物全部
  • 旅客機:
    お客さんを運ぶための飛行機

 

スポンサーリンク

ヘリコプターが該当するのは?他には何があるの?

ヘリコプターは
人を乗せて空を飛ぶことができますし
推進力もあります。

またお客さんを運ぶ目的の
ヘリコプターだってあります。

ということは!

ヘリコプターは
航空機であり旅客機に該当します。

固定翼で飛ぶわけではないので、
飛行機にはあたりません。

 

ヘリコプターのほかに、

  • 旅行で乗る飛行機
  • 飛行船

なども航空機であり旅客機に該当します。

旅行で乗る機体はどれに該当する?

 

旅行のときに乗るのは旅客機ですね。

旅客機はもちろん航空機の1種ですし
飛行機でもあります。

航空機の中の飛行機、
飛行機の中の旅客機という関係です。

まとめ

いかがでしたか?

『飛行機』『航空機』『旅客機』の違い

  • 推進力を備えているか
  • 固定翼で飛ぶか
  • 目的

の3点です。

  • 推進力があり固定翼で空を飛ぶ
    ⇒飛行機
  • 人を乗せて空を飛ぶ乗り物全部
    ⇒航空機
  • お客さんを運ぶための飛行機
    ⇒旅客機

 

ヘリコプターは航空機であり
旅客機に該当します。

また私たちがよく旅行で乗る機体は
航空機であり飛行機であり旅客機です。

 

『飛行機』『航空機』『旅客機』は、

  • 航空機の中の飛行機
  • 飛行機の中の旅客機

という関係です。

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト