金管楽器と木管楽器の違いとは?フルートやサックスはどっち?

金管楽器』と『木管楽器』。

吹奏楽部などの経験のない人には
見分けが難しい楽器ですよね。

わたし実は
「金ぴかなのが金管楽器で
木でできてるのか木管楽器かな?」
と思ってたんですが…

調べてみたらまったく違いました(><)

今回は
「金管楽器」と「木管楽器」の違いをご紹介します。

  • 金管楽器と木管楽器の違いとは?
  • フルートとサックスはどっちの種類?
  • 難しさにも違いがあるの?
  • 金管楽器と木管楽器は両立できる?

について詳しくお話しします。

金管楽器も木管楽器も、
実はみなさん一度は演奏したことがあります。

意外と身近な楽器なので、
この機に覚えておきましょう。

スポンサーリンク



金管楽器と木管楽器の違いとは?

「金管楽器」と「木管楽器」の違いはずばり!

  • 演奏の仕方

の1点です。

それぞれ詳しくみてみましょう。

1.金管楽器とは?

まずは金管楽器から。

金管楽器を辞書で調べてみると、

唇の振動を管内の空気に伝えて音を出す管楽器の総称。
一般に、真鍮(しんちゅう)またはその合金で作られ、朝顔形の開口部をもつ。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり金管楽器とは、
唇を振動させて演奏する楽器”のこと
なんですね(^^)

トランペットやホルンなどが
金管楽器にあたります。

決して金ぴかだから金管、
というわけではありません!

トランペットホルンなどが
金管楽器にあたります。

2.木管楽器とは?

では木管楽器とはなんでしょうか?

木管楽器は少しややこしいですが、
とりあいず辞書で調べてみましょう。

辞書には

木や竹の類で作り,息を吹込んで鳴らし,指孔を押えて,高低の音を変化させる管楽器。
日本の横笛などに代表される笛の類をさす。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり、木管楽器とは
昔は木材でできた楽器を意味していましたが、
今では金管楽器以外の演奏の仕方をする
楽器の総称となっているのです。

リコーダーや尺八などなじみのある楽器が
木管楽器にあたります。

スポンサーリンク

フルートとサックスはどっちの種類?

「楽器」と聞いてぱっと頭に浮かぶのは
フルートやサックスではないでしょうか?

どちらも吹けたらかっこいいですし、
きれいな音色であこがれますよね(^^)

フルートは金ぴかで
サックスは黒いイメージがありますが、
実はどちらも木管楽器です。

フルートとサックスは唇の振動ではなく、
息を吹き込んで空気を振動させて音を出します。

そのため金管楽器ではなく、
2つとも木管楽器に分類されるのです。

金管楽器と木管楽器の難しさにも違いがあるの?

金管楽器と木管楽器は
まったく演奏方法が違う楽器です。

そのため必要な技量もまったく違い、
難しさにも大きな違いがあります。

金管楽器と木管楽器を両立はできるって本当?

演奏方法がまったく違う金管楽器と木管楽器。

両立は難しいといわれています。

特に金管楽器は唇と震わすという
特殊な練習が必要なため、
木管楽器が得意だからできる
というわけではないそうです。

まとめ

いかがでしたか?

「金管楽器」と「木管楽器」の違いは、

  • 演奏の仕方

の1点です。

金管楽器は唇の振動で音を出す演奏方法。

唇を上手く振動させないと音程はおろか
音さえだせないといわれています。

その上、肺活量も必要です。

トランペットやホルンなどが
金管楽器にあたります。

 

これに対して木管楽器とは、
昔は木材でできた楽器を意味していました。

しかし今では、
金管楽器以外の演奏の仕方をする
楽器の総称となっています。

フルートやサックスだけでなく、
リコーターや尺八といった
なじみのある楽器も木管楽器です。

 

金管楽器と木管楽器は演奏方法が違うため、
難しさもまったく違うといわれています。

特に金管楽器は唇を振動させるという
特殊な練習が必要なため、
一朝一夕では演奏できないそうです。

そのため、一般的には
金管楽器と木管楽器の両立は
難しいといわれています。

 

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト