分かる・解る・判るの違い!正しい意味と使い方を解説

分かる』と『解る』と『判る』。

どれも読みは「ワカル」で同じですが、
正しい意味と使い方、ご存知ですか?

うっかりあまり意識せずに
どれでも使ってしまいそうですよね…(;~~)

そこで今回は
『分かる』『解る』『判る』の意味と使い方
調べてみました。

  • 分かる・解る・判るの違いとは?
  • 分かる・解る・判るを正しい使い方のコツとは?
  • 公用文書ではどれが使われるの?

について詳しくお話しします。

普段あまり違いを意識しないこの3つですが、
実は微妙な違いがあります。

特に公用文書では
使うべき漢字が決まってたりもします。

一緒にマスターしておきましょう!

スポンサーリンク



分かる・解る・判るの違いとは?

まずは『分かる』『解る』『判る』の意味を
辞書で調べてみました。

…その結果、調べてびっくり!!

辞書では

わかる【分かる・解る・判る】

  1. 物事の意味・価値などが理解できる。
  2. はっきりしなかった物事が明らかになる。知れる。
  3. 相手の事情などに理解・同情を示す。
    (引用元:コトバンク

とあり、全部同じ意味になっているんです(><)

つまりどの場面でどの漢字を使っても
間違いではありません◎

 

でも実際は使い分けがなされていますよね。

その微妙な使い分けのポイント

  • なにがわかったのか

の1点。

確認していきましょう。

1.分かるの意味とは?

『分かる』は
なにがわかった場合でも使えます。

たとえば

  • 答えが分かった!
  • あなたの考え方は分かりました。
  • 分かりました、やっておきます。

など、どんな場面でも使ってOK。

『分かった』は
ワカル界の万能選手ですね(^^)

2.解るの意味とは?

『解る』は
考えてわかった場合に使います。

たとえば

  • クイズの正解が解った。
  • 問題の解決方法が解った。
  • 英文が解る。

など、知識や思考を使って
考えて導いたことを理解した場面に使います。

「解」という字には
「説明する」「わかるようにする」
という意味があります。

「解答」や「解釈」に使われるように、
ただわかるだけではなく
頭で理解するという意味で使われるのです。

そのため『解る』は『分かる』より幅が狭く、
考えてわかったときに使います(^^)

3.判るの意味とは?

『判る』は
事実がわかった場合に使います。

たとえば

  • 事件の概要が判った。
  • 真実が判った。
  • 事情は判りました。

という感じで、
そこにある事実を把握した場面に使います。

「判」という字には
「はっきり見分ける」「優劣や善悪を決める」
という意味があります。

「判明」や「判断」に使われるように、
考えて理解するというよりは
事実を見極めるという意味で使われるのです。

そのため『判る』も『分かる』より幅が狭く、
事実に対してのみ使います(^^)

『分かる』『解る』『判る』意味と使い方

 

  • 分かる:
    理解したり事実を把握すること。
    なにがわかったときにも使える◎
  • 解る:
    考えて理解するとこ。
    ただの事実ではなく、
    頭で理屈を理解したときに使う。
  • 判る:
    事実を把握すること。
    頭で考えるのではなく、
    そこにある事実に対して使う。

 

スポンサーリンク

分かる・解る・判るを正しい使い方のコツとは?

『分かる』『解る』『判る』を
正しく使い分けるコツはずばり!

なにがわかったのかを考えることです。

この3つの違いはこの1点なので、
いったいなにがわかったことを伝えたいのか
を考えるだけで使い分けられます。

たとえば、

  • クイズの答えがわかったとき⇒解る
  • ケンカの原因がわかったとき⇒判る

という感じです(^^)

悩んだりわからなくなったときは
万能選手の『分かった』を頼ればOKです◎

 

公用文書ではどれが使われるの?

公用文書では『分かった』が使われています。

『解る』『判る』は常用漢字ではないからです。

 

分かるはなんにでも使えますしね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

『分かる』『解る』『判る』の意味と使い方
お分かりいただけたでしょうか?

この3つ、実は辞書的な意味は同じです。

ただ一般的には次のように
使い分けがなされています。

  • 分かる:
    理解したり事実を把握すること。
    なにがわかったときにも使える◎
  • 解る:
    考えて理解するとこ。
    ただの事実ではなく、
    頭で理屈を理解したときに使う。
  • 判る:
    事実を把握すること。
    頭で考えるのではなく、
    そこにある事実に対して使う。

使い分けるときのコツは
なにがわかったのかを考えることです。

なにがわかったことを伝えたいのかによって、
使い分けることができます。

なお、公用文書では
常用漢字である『分かった』だけが
使われています◎

 

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト