スポンサーリンク

寝る・眠るの違い!活動していない状態を表すのは?

日本語というのは難しいもので、
同じような意味の言葉がとても多いでしよね?

寝る眠る

どちらも睡眠をするという意味ですが、
正直私もどちらを使えばいいのか
わからなかったので、
適当に使っていることもしばしば(^^;;

そこで今回は、
『寝る』と『眠る』の意味と違いについて
調べてみました。

  • 寝る・眠るの違いとは?
  • 活動していない状態を表すのはどっち?
  • 寝る・眠るの対義語とは?

について詳しくお話ししていきたいと思います。

正直、どっちでもいいのでは?
と思われるような小さな違いですが、
そこにはきちんと意味があります。

使い間違えて赤面することのないように
ここで違いをはっきりと確認しちゃいましょう。

スポンサーリンク

寝ると眠るの違いとは?

寝る眠る
これらにはどんな違いがあるのでしょうか。

ざっくりとした違いは

体勢のことか無意識の状態のことかです。

どういうことなのかは
次項で順番に説明していきます。

1.寝るの意味・例文とは?

『寝る』とは?

  1.  眠りにつく。寝床に入る。睡眠をとる。眠る。
  2.  病気で床につく。寝込む。
  3. からだを横たえる。また、そのような状態で休む。
  4. 本来立っているもの、縦のものが横になる。
  5. 共寝をする。同衾(どうきん)する。
  6. 商品が売れずに残っている。また、資金が動かない状態にある。
  7. 味噌や酒などが仕込まれた状態である。また、麹(こうじ)が熟成する。
    (引用元:コトバンク)

とのことです。

ということは、『寝る』とは
眠りにつくこと、横たわる状態のこと
という意味ということですね。

なので寝ているからといって
睡眠状態というわけではなく
横たわっている状態をさすのです。

また、物に対しては
動かないもの、仕込まれた状態をさします。

寝るの例題

🛌ぐっすりと寝る
🛌風邪で2、3日寝る
🛌暖冬で冬物商品が寝ている
🛌醤油を寝かせる

 

2.眠るの意味・例文とは?

では『眠る』はどんな意味合いなのでしょう。

『眠る』とは

  1. 心身の動きが一時的に低下し、目を閉じて無意識の状態になる。
  2. 一時的に活動をやめた状態になる。利用されない状態のままである。
  3. 死ぬ。永眠する。
  4. まぶたを閉じる。目をつぶる。
    (引用元:コトバンク)

ということです。

つまり『眠る』とは
一時的に活動をやめ無意識状態になること
を指します。

眠るの例題

💤スヤスヤと眠る
💤地下に眠る資源
💤草葉の陰で眠っている

 

 

活動していない状態を表すのはどっち?

では上記を踏まえて、
活動していない状態を表す時、

『眠る』と『寝る』の
どちらが正しいのでしょうか。

答えは…
眠るが正解です。

上項でも説明をした通り、

一時的にでも
活動をやめた状態になること
『眠る』というので、
ここでは『眠る』が正解となるのです。

寝る・眠るの対義語とは?

では
寝る・眠るの対義語は何なのでしょう。

これは寝ると眠るでは
それぞれ対義語が違うので
順番に確認していきます。

【寝る】
寝るとは体を横たえる体勢を意味するので
対義語は【起きる】となります。

【眠る】
眠るは活動が停止した状態の事なので
対義語は【覚める】となります。

まとめ

いかがでしたか?
意外と分かりづらかった
『寝る』と『眠る』の違い

お分かりいただけましたか?

  • 寝る:
    眠りにつく事、体を横たえる事
  • 眠る:
    無意識状態になる事、活動停止の状態の事

使いわけのポイントは
その時の状態が
横たわっているか、
意識がない活動停止状態かです。

『ぐっすると寝る』『体を横にする』
『食品を仕込む』など
眠りについたり、体を横たえるなら『寝る』、

『居眠り』
『地下に眠る資源』など
活動をやめ、無意識状態になるなら『眠る

が正しい使い方となります。

寝る』という行為をした先が
眠る』ということですね💡

もしも使い分けに困ったならば、
その事柄が「体勢」なのか「無意識状態」か
振り分けてみてください。

それが「無意識状態」なのであれば
『眠る』が正しい選択になりますよ。

スポンサーリンク
言葉の違い
スポンサーリンク
違いを解決するサイト
タイトルとURLをコピーしました