紫蘇(しそ)・大葉の違い!同じ葉っぱって本当?

日本語というのは難しいもので、
同じものなのに呼び方が違うものが
とても多いでしよね?

紫蘇大葉

この2つはどちらもシソ科の植物のことですが
正しい違いをご存知でしょうか?

正直私も今回まで知りませんでした(^^;;

そこで今回は、
『紫蘇』と『大葉』の違いについて
調べてみました。

  • 紫蘇とは?
  • 大葉とは?
  • 紫蘇にも赤と青で種類が違う?
  • なぜ大葉と言われるようになったの?
  • 地域によって大葉と青じそで呼び名が変わる!

について詳しくお話ししていきたいと思います。

正直、どっちでもいいのでは?
と思われるような小さな違いですが、
そこにはきちんと意味があります。

きちんと使いこなせると鼻高々ですよね!
ここで違いを確認しちゃいましょう。

スポンサーリンク



1.紫蘇(しそ)とは?

紫蘇大葉
これらにはどんな違いがあるのでしょうか。

順番に説明していきます。

『紫蘇』とは?

シソ科の一年草。中国原産。
葉・身は香りが良く、食用にされ、赤紫蘇の葉は漬物の着色に使われる。

また、葉は漢方薬としても使われ、解熱・鎮痛・健胃薬などに用いられる。

ハッカ・ウツボグサなども紫蘇に含まれる。
(引用元:コトバンク)

とのことです。

ということは、『紫蘇』とは
食用・漢方薬に用いられるシソ科の植物
という意味ということですね。

2.大葉とは?

では『大葉』はどんな意味合いなのでしょう。

『大葉』とは

青紫蘇の葉を食用として用いる際の名。

豊橋市・豊川市・田原市などで生産される青紫蘇の葉。
(引用元:コトバンク)

ということです。

つまり『大葉』とは
食用の青紫蘇の葉
を指します。

 

スポンサーリンク

 

紫蘇にも赤と青で種類が違う?

紫蘇には赤紫蘇と青紫蘇がありますよね。

これって種類が違うものなのでしょうか?

紫蘇には多数の品種があり、
私たちが目にする赤紫蘇と青紫蘇は
その数ある品種の一部ということですね。

品種によって葉の形、色が異なり、
赤紫蘇と青紫蘇では
栄養価や効能も変わってきます。

薬効/栄養価効能
赤紫蘇ロズマリン酸、シソニンなどの薬効成分が高い。強い抗菌作用と防腐効果、アレルギー症状の軽減効果があり
青紫蘇βカロテンが豊富で、含有量はトップクラス!
栄養価が高い。
皮膚や粘膜、視覚、聴覚を守る働きがあり

 

なぜ大葉と言われるようになったの?

上記で大葉は食用の青紫蘇の葉と話しました。
なぜ、呼び名が違うのでしょうか。

これは昔、静岡の生産組合が
青紫蘇を販売する際に
紫蘇の芽と葉の区別をする必要があり、
葉の部分を『大葉』と名付けたことが由来で
それが現代まで残っていることが理由です。

ということは、『大葉』は商品名だった
いうことですね。

地域によっては大葉と青じそで呼び名が変わる!

紫蘇を大葉や青紫蘇と呼び方が異なるのは
地域によって違いもあるようです。

大まかに分けると関東と関西で分かれ、
関東では青紫蘇、関西では大葉と呼びます。

東海・愛知県では地域ブランドとして
『大葉』という青紫蘇を生産しています。

ポリフェノールのロズマリン酸を多く含み、
抗酸化作用・抗アレルギー作用などが
認められていて、カロテン・ビタミンB1・
ビタミンB2も豊富に含まれています。

それを踏まえても関西で大葉と呼ばれるのも
納得ができますね。

まとめ

いかがでしたか?
意外と分かりづらかった
『紫蘇』と『大葉』の違い
お分かりいただけましたか?

  • 紫蘇:
    食用・漢方薬に用いられるシソ科の植物
  • 大葉:
    食用の青紫蘇の葉

昔、静岡の生産組合が青紫蘇を販売する際に
青紫蘇の葉を『大葉』という商品名で
販売したことから、

『紫蘇』と『大葉』が別物と
思われてしまったということになります。

実際には同じものだというから驚きでしたね💡

 

Sponsored Links


食べ物の違い



ぽんをフォローする
違いを解決するサイト