重傷・重症・重体・重篤の違い!重度の順番に並べてみた

日本語というのは難しいもので、
外国人の方々からは、

似たような言葉なのに、意味が違うから難しい

とよく言われます。

そして私たち日本人でも、
完全には理解している人は少ないと思います。

そこで今回は似たような言葉として

『重傷・重症・重体・重篤の違い』について
調べてみました。

  • 重傷・重症・重体・重篤の違いとは?
  • 重傷・重症・重体・重篤の対義語とは?
  • 消防・警察・マスコミによっては言葉が違う!理由とは?
  • 重症には定義があるの?

について詳しくお話ししたいと思います。

実際の生活では
あまり使うことのない言葉ですが、
ニュースや新聞で
よく扱われている言葉でもあります。

知っているのと知らないのとでは
ニュースの理解度にも違いが出てきますので、
ここでしっかりと確認していきましょう!

 

スポンサーリンク



 

重傷・重症・重体・重篤の違いとは?

事故や事件が起こり、犠牲者が出ると
タイトルに出ているものの
いずれかの状態で報道されています。

『怪我しちゃったんだ』
『そんなに悪いのか』

となんとなくはわかると思います。

そう、今回の4つの単語、
いずれも状態が悪い時のことを指します。

ですが、どれほどの状態かは
分かりづらいものです。

1つずつ順番にご紹介していきます。

1.重傷(じゅうしょう)とは?

では重傷から確認していきましょう。

重症とは

程度の重い傷。または大怪我のこと。
(引用元:コトバンク)

命には別状のない怪我を指します。

使用例は…

「事故で重傷を負う」
「全治2ヶ月の重傷」

この『重傷』は
病気では使用されず、
怪我に対してのみ使用される言葉です。

2.重症(じゅうしょう)とは?

次は重症です。

重症とは

  1. 病気やその症状が重いこと。
    また、重い病気・症状のことで比喩的にも用いる。
  2. 転じて、程度がはなはだしい状態。
    (引用元:コトバンク)

使用例は…

「半年の入院が必要なほどの重症だ」
「今度の失恋は相当重症らしい」
「彼の収集癖も相当重症だな」

こちらに関しては病気・怪我
どちらに対しても使う言葉なのです。

3.重体(じゅうたい)とは?

さて、今までは命に別状ないものでしたが、
次からは命にか変わってくる程の状態を示す
言葉となっています。

重体とは

病気や負傷の程度が酷く、命の危険があること。
(引用元:コトバンク)

使用例は…

「意識不明の重体」
「重体に陥る」

相当危ない状態と言えますね…

4.重篤(じゅうとく) とは?

では最後に重篤についてです。

重篤とは

病状が著しく重いこと。
(引用元:コトバンク)

使用例は…

「症状が重篤になる」
「重篤な副作用を引き起こす」

一般的には知られていない言葉ですが、
病院等ではよく使われる言葉です。

予断を許さない状態の時に
この重篤という言葉が使われるようです。

 

スポンサーリンク

 

重傷・重症・重体・重篤の対義語とは?

ではこの4つの単語の対義語って
あるんでしょうか?

それぞれ調べてみました。

重傷↔︎軽傷
怪我の程度が軽いこと。

重症↔︎軽症
交通事故によって負傷し、
30日以下の治療を要する場合

重体重篤は対義語がありません。

あえていうならば「軽傷/軽症」が
当てはまるでしょう。

消防・警察・マスコミによっては言葉が違う!理由とは?

ここまでで、
『重傷』は怪我、『重症』は病気と怪我と
紹介していきました。

ですが、マスコミの報道にあるものの
ほとんどは『重傷』です。

本来なら『重症』も当てはまるはずなのに、
なぜ『重傷』と表記されるのでしょう。

これは『重傷』と『重症』の定義を
どこが定めているかによって異なるのです。

詳しくは次項で説明していきますが、
『重傷』は警察庁、『重症』は消防庁が
それぞれ定義しています。

警察の場合、事故現場などで見る被害者は
怪我人の状態のため、『重傷』が
使われるのですが、

消防(医療機関)の場合、
救急搬送された患者や入院患者の状態を
症状として捉えるので『重症』が
使われるのです。

そしてマスコミが報道をする際に
基とするのは警察からの発表

だから、事故などで報道される際に
使われるのは『重傷』が多いんですね。

そして、マスコミが報道する中には
重傷・重体以外にも
心肺停止や死亡を知らせる報道もあります。

こちらの違いについては
以下の記事をご参照ください。

⇒心肺停止と死亡の違い!ニュースの情報が変わる理由とは?

重症には定義があるの?

では上項でも触れました定義についてです。

重症って何を基準に
『重症』を言われるかご存知ですか?

重い病気には変わりませんが、
『重症』と呼ぶための定義があり、

☝3週間以上の入院加療を必要とするもの以上のもの
(引用元:消防庁)

消防庁で決められているのです。

なので、仮に同じ病気にかかった
Aさん(入院加療3週間)と
Bさん(入院加療2週間)がいた場合、

『重症』と診断されるのは、Aさんのみで、
Bさんは『重症』とは診断されないのです。

また、これは余談ですが
重傷にも定義があり、

☝交通事故によって負傷し、30日以上の治療を要する場合
(引用元:警察庁ホームページ)

警察庁で決められています。

『重傷』と『重症』では
定義づけしている部署が異なるんですね!

 

Sponsored Links

 

まとめ

いかがでしたか?

意外と分かりづらかった
重傷・重症・重体・重篤の違い
お分かりいただけましたか?

  • 重傷:
    程度の重い傷。または大怪我のこと。
  • 重症:
    病気やその症状が重いこと。
  • 重体:
    病気や負傷の程度が酷く、命の危険があること。
  • 重篤:
    病状が著しく重いこと。

重度の順に並べると
重傷・重症<重体<重篤
となります。

どちらにしても状態は良くないので、
できればそうなりたくはないですね(汗)

他にも同じような言葉の違いについての
記事もあります。

⇒傷と怪我の違いとは?正しい意味や語源を解説

どちらも自分や相手が負傷していることを
示している言葉ですが、違いがあります。

せっかくなので、こちらの言葉も確認して
より区別ができるようになっちゃいましょう!

 

Sponsored Links


言葉の違い



ぽんをフォローする
違いを解決するサイト