マフラー・ストール・ショール・スカーフの違いとは?

首元のおしゃれアイテムとして大活躍
してくれる「マフラー」「ストール」
「ショール」「スカーフ」たち。

どれも首元をおしゃれに演出してくれる
ファッションアイテムの1つですよね?

ですが、この4つの言葉の意味って
ご存知ですか?

デザイン?巻き方?それとも実は
みなん同じなの?

当たり前のように使っている人が
多いですが、これらの意味って
よく分からないですよね?

今回は、秋、冬、春に活躍する
「マフラー」「ストール」「ショール」
「スカーフ」のそれぞれの違いについて
解説したいと思います!

スポンサーリンク



a.マフラーとは?

秋や冬になると首元を温めてくれる
必須アイテムのマフラー。

温かさとは別に、ファッションの一部として
使う人もいますね。

ですが、基本的には「防寒用」に使われる
ことがほとんど。

素材は毛糸や、ウールを使用して作られるのが
ほとんどで、厚みがあるものが多いです☆

今では、ネックウォーマーといった巻く
タイプではなく、すっぽりと頭から被る
タイプのものもありますね。

前ほど需要はないかもしれませんが、
特に男性が好んで使うことが多いです。

これもマフラーと同じく、素材もほぼ
同じで厚みのものが多いです。

a.マフラーのおすすめの時期とは

マフラーの素材は毛糸やウールといった
温かい素材で、生地も厚みのものが多いのが
特徴です。

ですから、マフラーがおすすめの時期は
「晩秋~冬」になります。

秋は初期ではマフラーを使うほど寒くは
ありませんが晩秋から一気に冷え込むので、
マフラーを手放せなくなるでしょう。

スポンサーリンク

b.ストールとは?

前述でお話したマフラーと似ていますが、
マフラーよりも「薄めの生地」という
印象がありますね。

ストールは、「肩掛け」という意味
持っています。

素材に関しては、ウールや綿素材が
多いでしょう。

防寒用としても使われることも多い
ですが、基本的には「おしゃれ」
使われることがほとんど。

特に女性から人気を集めているファッション
アイテムです♪

以前は、女性のファッションアイテムで
使われることが多かったストールですが、

最近では、男性でも首元のおしゃれに
ストールを巻いている若い男性も多く
みかけます。

また、ストールは洋服のアクセント感覚と
しても優れています!

b.ストールのおすすめの時期とは

ストールは防寒としてではなく、
ファッションの一部として使われることが
ほとんどなので、「冬」は考えにくいですね。

ストールのおすすめな時期は、
「秋の初期」と「春」になります。

夏はさすがに暑いですし、冬だと
寒すぎてしまうようです。

Sponsored Links

c.ショールとは?

ショールとは、ストールよりも面積が
あって、羽織ったり、頭から被って
頭巾のように使う人もいます。

素材もストールと同じで、ウールや綿素材
多く薄い生地が多いので、そこまでの違いは
ありません。

唯一、違うとすれば広げるとストールよりも
面積があるので、ストールとり大判で少し
厚手のものを「ショール」と一般的には
呼んでいます。

主に女性が使用するファッションアイテムに
なっています。

c.ショールのおすすめの時期とは

ショールのおすすめの時期はストールと
同様に「秋の初期」と「春」になります。

ですが、ファッションとしてではなく
室内での防寒として、「秋~冬」に使う
こともあります。

ただし、外でファッションとして使うなら
冬場はちょっと厳しそうです。

 

d.スカーフとは?

スカーフの特徴は、正方形の薄手の布で
防寒ではなく装飾用になります。

そのためマフラーやストール、ショールと
比べてサイズもかなり小さめになっています。

例えるなら、飛行機でサービスをしてくれる
CAや受付嬢がしているものがそうです。

ちなみに、素材はシルクがメインで柔らかい
触り心地で、巻き方によってはおしゃれに
バリエーションがあるので、優れています。

色やデザインも華やかな多いため、
全体的に明るい印象を与えてくれます♪

また、夏場にはヘアバンドの代わりに
スカーフで髪をあげたり、まとめたり
使い方も多彩になっています!

d.スカーフのおすすめの時期とは

スカーフのおすすめの時期は
「春」「秋の初期」が一般的ですが、

最近では夏でもアクセサリ感覚や、
髪をあげるアイテムとしても使われて
います。

また、デザインが花柄などが多いため
一番最適な時期は「春」といえるでしょう。

 

日本にマフラーがきたのはいつ?

マフラーが日本にきたのは、はっきりとは
分かっていないようですが、

少なくとも「明治時代」より前にはすでに
日本に普及していたようです。

マフラーの起源に関しては、15世紀ころに
ヨーロッパで1人の女性が顔の下を四角い布を
「マフラー」と呼んでいたことが始まりです。

 

まとめ

似ているようで、実は違っていた
「マフラー」「ストール」「ショール」
「スカーフ」でしたが、違いをまとめると
次のようになります。

●マフラー
⇒素材:毛糸やウール、生地:厚め
用途:防寒具、季節:晩秋、冬

●ストール
⇒素材:ウールや綿、生地:厚め
用途:防寒具&おしゃれ、季節:秋の初期、春

●ショール(※ストールより小さい)
⇒素材:ウールや綿、生地:薄め
用途:防寒具&おしゃれ、季節:秋の初期、春

●スカーフ
⇒素材:シルク、生地:薄め
用途:おしゃれ、季節:春、秋の初期、夏

また、ファッション関連で言葉の違いが
分かりづらいものは他にもあります。

⇒チョッキ・ベスト・ジレの違い!全て同じ意味って本当?

ぜひ、この機会にそれぞれの違いを
スッキリ解消しちゃいましょう!

Sponsored Links


 

ファッションの違い



小嶋綾那をフォローする
違いを解決するサイト