辞任・辞職・退任・退職の違いとは!正しい意味を解説

会社を辞めるときのフレーズとして
お馴染みの「辞任」「辞職」「退任」
「退職」

これらの言葉の違いをご存知でしょうか?

恐らくなんとなくは分かっていても、
違いを説明してください!と言われても正しい
意味を説明できる人はどれくらいでしょう?

この記事を今読んでいるあなたも、きっと

「仕事を辞めるときに使う用語
なんだろうな・・・」

と感じている程度かと思います。

今回は、そんな似ているようで実は
違った意味の

「辞任」「辞職」「退任」「退職」

の言葉の正しい使い方の解説に
ついてお教えしましょう!

スポンサーリンク



辞任・辞職・退任・退職の違いとは?

それでは、「辞任」「辞職」「退任」
「退職」の言葉の違いについて、

言葉の種類ごとに解説していきたいと
思います(*^^*)

ぜひ、ここで違いを覚えてくださいね!

最初に簡単に説明させていただくと、
「辞」か「退」でそれぞれ意味が異なります。

「職」か「任」にいたっても同様の
ことが言えます。

どちらも、辞めるときに使う言葉には
違いありませんが、前に使う言葉が

「辞」か「退」なのかで、自分の意志
あるのか、そうでないのかが違います。

また、「職」か「任」なのかで、その職業の
ことを指すのか、任務を指すのかの違いが
あるのです。

以上のことを踏まえたうえで、各言葉の
違について見ていきましょう(*’▽’)

1.辞任とは?

辞任とは、今まで就いていた「任務」を

「自分の意志」

で辞めることをいいます。

「職」ではないので、職業自体を辞める
わけではなくて、

自分が今まで就いていた役職や任務から
外れることを意味します。

2.辞職とは?

辞職とは「職」が就くので、辞任と違い

「職業を辞めること」

になります。

また、辞職についてはここに

「自分の意志」

が含まれるので、自分の意志でその仕事を
辞めるときに使われます。

辞職の場合は、たいてい役員など、会社で
地位の高いポストに就いている従業員に
使われることが多いようです。

また、会社を辞めるときに解雇を自分から
申し出て一方的に辞めるとき、

解雇契約を願い出て承認をもらった上で
辞めるときの2パータンがありますが、

雇用契約を自分から一方的に解約する場合
辞職と使うこともあるようです。

スポンサーリンク

3.退任とは?

退任とは、今ついている任務や役職などを
退く際に用いられる言葉になります。

ただし、退任の場合は

「自分の意志がない」

ということです。

やむを得ず、その任務や役職から退かないと
いけない場合に使われます。

ただし、就いている職業を辞めるという
わけではないので、ややこしいですが
そういった違いがあります。

4.退職とは?

退職の場合は、今就いている仕事を辞めて
しまうことですね。

退職は、自分の意志で辞めるときにも
使われますが、

「自分の意思がない」

場合でも、自分の意志とは関係なく
用いられることもあります。

例えば、定年で会社を辞めるときや、
会社が一方的に解雇にするときも
退職という言葉が用いられます。

また、この退職という言葉は普通の
会社で用いられるときは、

会社内でも役職者以外の従業員
使われることが多いようです。

 

辞職・退職は会社の立場で言い方が変わるってホント?

上記でも、少しご説明しましたが、
「辞職」と「退職」については

会社内での「地位」によって使いわけ
られることがあります。

例えば、分かりやすく会社のポストで言うと、
常務、専務、部長、課長、主任などは会社内で
地位のある階級ですよね?

そういった部下を下に持つ、高いポストの
従業員たちは「辞職」という言葉を使います。

それとは別に、会社内で特に階級を持って
いない、普通の従業員には「退職」という
言葉を用いることが一般的です。

ですから、普通の企業などの会社では社内の
ポストによって、職を辞める際の言葉が、
このように使い分けられているようです!

Sponsored Links

議員が「辞任する」のは国会議員を辞める訳ではないの?

例えば、国会議員である大臣が辞める
ニュースを度々目にすると思います。

この場合は、「辞任」するとは大臣の任務を
辞めるということ。

ですから、国会議員を辞めることでは
ないのです。

もし、国会議員を辞めるのであれば、
「辞職」という言葉になるのです。

大臣を辞任になったときは、大臣を辞めると
いうことであって、

国会議員はそのまま継続して続けるという
ことなのです!

 

まとめ

今回取り上げた「辞職」「辞任」「退任」
「退職」
はかなり混同されやすい言葉だと
思います。

違いとしては「辞」「退」、「任」「職」で
分けることができ、

●辞=自分の意志がある
●退=自分の意思がない

また、
●任=就ている地位やポスト
(仕事自体を辞めるわけではない)
●職=仕事を辞める

という違いがあることが分かりましたね。

ですが、唯一

「退職」

に関しては、そのときの場面で

●自分の意志で仕事を辞める
●自分の意志とは寒けないく仕事を辞める

どちらの意味でも使われることが
あるので、覚えておいてくださいね!

他にも、仕事からみで下記のような混同
しやすい言葉があります。

⇒苦情・クレーム・文句・抗議の違い!正当な請求権利があるのは?

こちらのフレーズも同じように違いが
分かりにくい言葉の1つだと思います。

せっかくですから、今回の記事と
併せて読んで、これらの違いを
はっきりさせてみてください☆

Sponsored Links


 

言葉の違い



小嶋綾那をフォローする
違いを解決するサイト