回復・快復の違いとは?恢復はどっちと同じ意味?

『回復』と『快復』。

どれも読みは「かいふく」で同じですが、
正しい意味や違い、ご存知でしょうか?

実は使う場面がかなり違います。

間違えて使うと、大人としては
結構恥ずかしいかもしれません…( ;∀;)

そこで今回は
『回復』と『快復』の違い
調べてみました。

  • 回復・快復の違いとは?
  • 恢復はどっちと同じ意味?今は使われないの?
  • 天気がかいふくする!はどっちの漢字?

について詳しくお話しします。

この2つ、どちらも以外とよく使う言葉です。

大切な場面で間違えて恥をかかないように、
一緒にマスターしていきましょう!

一回覚えちゃえば簡単ですから
安心してくださいね(*^-^*)

スポンサーリンク



回復・快復の違いとは?

『回復』と『快復』の違いとは、

  • なにが元通りになるのか

という意味そのものにあります。

例文も合わせて詳しくみていきましょう。

1.回復の意味・例文とは?

まずは『回復』から。

『回復』を辞書で調べてみると、

  1. 悪い状態になったものが、もとの状態に戻ること。また、もとの状態に戻すこと。
  2. 一度失ったものを取り返すこと。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『回復』とは、
悪い状態のものや失くしたものが
もとの状態に戻ること
をいうのです。

『回復』はどんなものでもOK。

体調や路面の状態など、
さまざまなものに使えます。

また「完全に戻った」という
ニュアンスもないので、
元に戻っている途中でも使えます。

【例文】

 

  • 健康が回復する。
  • ダイヤの乱れが回復する。
  • 名誉を回復する。
  • 信用を回復する。
  • 路面状況は回復しつつある。
  • システムエラーからは少しずつ
    回復しているが、まだ不安定だ。
  • 早く株価が回復するよう願う。

 

2.快復の意味・例文とは?

次は『快復』をみてみましょう。

『快復』を辞書で調べてみると、

病気がなおること。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『快復』とは、
病気な治ることだけ
をいうのです。

どんなものでもOKの『回復』と比べると
使いどころはかなり限定的です。

また『回復』と違って
「完全に戻った」というニュアンスもあり、
治りきっていないときには使いません。

【例文】

 

  • 傷が快復する。
  • 快復期にある。
  • 快復おめでとう!もう安心だね。
  • 早く快復して退院しようね。

 

 

 

『回復』『快復』の違い
  • 回復:
    悪い状態のものや失くしたものが
    もとの状態に戻ること
    なんにでも使えるし、
    回復の途中でもOK。
  • 快復:
    病気が治りきること。
    快復の途中には使えない。
スポンサーリンク

恢復はどっちと同じ意味?今は使われないの?

『恢復』という言葉があり、
これも読みは「かいふく」です。

これは今でいう『回復』のこと。

「恢」には元通りにするという意味があり、
『回復』と同じく
”悪い状態のものや失くしたものが
もとの状態に戻ること”
の意味で昔使われていました。

今では『回』で代用され、
今は『恢復』は使いません。

天気がかいふくする!はどっちの漢字?

「かいふく」をよく使う場面といえば
お天気の話題ですよね(*^-^*)

「天気がかいふくする」は
どっちの漢字を使うのが正しでしょうか?

正解は『回復』です!

お天気は体調ではありませんから、
なんでにも使える『回復』が正しいです◎

まとめ

いかがでしたか?

『回復』『快復』『恢復』は
どれも読みは「かいふく」で同じです。

しかしなにが元通りになるのか
という意味そのものが違います。

 

  • 回復:
    悪い状態のものや失くしたものが
    もとの状態に戻ること
    なんにでも使えるし、
    回復の途中でもOK。
  • 快復:
    病気が治りきること。
    快復の途中には使えない。

 

病気には『快復』を、
それ以外には『回復』を使いましょう。

たとえばお天気は病気じゃないですから、
『天気が回復する』と書きます。

 

また『回復』は昔『恢復』とも
書かれていましたが、
今は『恢復』は使われていません。

 

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト