簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い!涼しいのはどっち?

簾(すだれ)』と『葦簀(よしず)』。

こう言われて、
パッと違いが頭に浮かびますか??

なんとなく草でできたブラインドみたいなヤツ
というイメージですが、
なかなか正確にはわからないですよね(;^^)

 

そこで今回は
『簾』と『葦簀』の違いを調べてみました。

  • 簾と葦簀の違いとは?
  • 簾と葦簀で涼しいのはどっち?
  • 簾と葦簀で値段の違いはあるの?

について詳しくお話しします。

『簾』と『葦簀』はどちらも
古くからある伝統の知恵です。

違いを知って活用すれば、
暑い夏も快適に過ごせますよ(*^^*)

スポンサーリンク



簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違いとは?

『簾』と『葦簀』の違いはずばり!

  • 材料
  • 大きさ

の2点です。

それぞれどんなものなのか
詳しくみてみましょう。

1.簾(すだれ)とは?

まずは『簾(すだれ)』から。

簾を辞書でひいてみると、

細いアシまたは細く割ったタケを糸で編んだもので,軒などにつるす。
(引用元:コトバンク

とあります。

葦(アシ)という水辺に生える細い植物や
竹を細く割ったものなど
細い材料を巻きす状に編んだもの
『簾』と呼びます。

一般的に小型で、
古くは牛車の窓や室内の目隠しとして
使っていました。

最近ではプラスチック製のものもあり、
窓にかけて使う人が多いです。

2.葦簀(よしず)とは?

次は『葦簀(よしず)』です。

葦簀を辞書でひいてみると、

スゴロ、ヨシなどとよばれる植物の茎を編んでつくった簀(す)
(引用元:コトバンク
※注:ヨシとアシは同じ植物

とあります。

スゴロや葦(ヨシ・アシ)など
細くない植物を巻きす状に編んだもの
葦簀と呼びます。

一般的に大型で、
軒先に立てかけて使うことが多いです。

こちらも現在ではプラスチック製のものが
販売されており、
夏の日よけに庭などで使う人が多いです。

 

簾(すだれ)と葦簀(よしず)の違い
  • 簾(すだれ):
    細い植物を巻きす状に編んだもの
    小型
  • 葦簀(よしず):
    細くない植物を巻きす状に編んだもの
    大型
スポンサーリンク

簾(すだれ)と葦簀(よしず)で涼しいのはどっち?

一般的には葦簀の方が大型なので、
葦簀の方が涼しいです。

大型の方が窓全体をおおえて
より大きな日よけになってくれますからね(^^)

ですがその分葦簀には、

  • 扱いにくい
  • 保管に困る
  • 基本的に外に置くので劣化しやすい

というデメリットもあります。

逆に簾には、

  • 扱いやすい
  • 保管も簡単
  • 屋内に置くから劣化しにくく長持ち

というメリットがあります。

大きな窓や西日が強い窓には葦簀、
それ以外の小さな窓には簾という風に
2つを使い分けましょう。

それぞれのメリットを活かして
エコに涼しく過ごせますよ(^^)

 

簾(すだれ)と葦簀(よしず)で値段の違いはあるの?

材料と大きさの違う簾と葦簀ですが、
値段も違います。

質にもよりますが、
基本的に大きな葦簀の方が高いです。

ただ最近はプラスチック製の安価な葦簀も
ホームセンターなどで販売されています。

ぜひ一度見に行ってみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

『簾』と『葦簀』はどちらも
植物の茎を巻きす状に編んだものです。

しかし

  • 材料
  • 大きさ

の2点が違っています。

  • 簾(すだれ):
    細い植物を巻きす状に編んだもの
    小型
  • 葦簀(よしず):
    細くない植物を巻きす状に編んだもの
    大型

簾も葦簀も日本に古くからある
伝統的な日よけや目隠しです。

エコが叫ばれている現代でも、
窓やひさしにかけて日よけにすると
エアコンの効率があがると人気です(^^)

葦簀の方が大きいため、
より涼しいといわれています。

しかし葦簀の方が値段も高いので、
簾と適材適所で使い分けるのがおすすめ◎

たとえば、大きな窓には葦簀、
それ以外の小さな窓には簾という風に
2つを使い分けると、
エコにお安く涼しい夏を楽しめますよ。

最近は安価で扱いやすい
プラスチック製もあります。

ぜひホームセンターなどに
見に行ってみてくださいね。

 

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト