ラーメン・中華そば・支那そばの違い!時代が違うだけ?

ラーメン』と『中華そば』と『支那そば』。

どれもおいしいですよね♡

誰もがよく食べる、
日本人の国民食の1つといっても
過言ではない食べ物です。

でも…
どうして3つも名前があるのでしょうか?

不思議ですよね(-_-;)

そこで今回は
ラーメン・中華そば・支那そばの違い
調べてみました。

  • ラーメン・中華そば・支那そばの違とは?
  • ラーメンが使われた時代とは??
  • 中華そばが使われた時代とは?
  • 支部そばが使われた時代とは?

について詳しくお話しします。

ラーメンを食べるときに
違いを正しく語れたら、
ちょっとカッコいいかも!?ですよ(*^^*)

スポンサーリンク



ラーメン・中華そば・支那そばの違とは?

ラーメン・中華そば・支那そばの違い
ずばり!ありません。

試しに「中華そば」を辞書でひいてみると、

麺類の一種。ラーメンともいう。小麦粉に梘水(かんすい)を加えて水で練り,細めの線に切り出し,乾麺あるいはゆで麺にする。
(引用元:コトバンク

とあります。

支那(シナ)とは昔の中国の呼び名なので、
中華そば=支那そば=ラーメンなのです。

 

ではどうして3つも名前ができたのでしょうか?

答えは、それぞれの名前が
よく使われていた時代にあります。

詳しくみていきましょう。

1.ラーメンが使われた時代とは?

『ラーメン』の呼び名が
どこからきていつから始まったのかは
諸説あります。

しかし一般的に『ラーメン』と呼ばれ始めたのは
おそらく戦後以降のことといわれています。

表記は「らぁめん」や「拉麺」がほとんど。

カタカナの『ラーメン』が使われ始めたのは
昭和33年以降のことです。

この年に世界初のインスタントラーメンである
チキンラーメン(日清食品)が誕生し、
カタカナの「ラーメン」が定着しました。

『ラーメン』が一般的になったのは
比較的最近のことなんですね(*^-^*)

 

ちなみに…

今はラーメンにも
いろいろな味付けがありますよね!

  • 塩ラーメン
  • 醤油ラーメン
  • 味噌ラーメン
  • トマトチーズラーメン
  • チャーシュー面
  • 豚骨ラーメン
  • つけラーメン

などなど、私もまだ食べたことない味が
たくさんあります(*^-^*)

この味付けも、最初は中華料理にならって
塩味やお醤油味のみだったといわれています。

日本人のラーメン付きに後押しされて
どんどん新しい味が開発されてきたのです。

10年後にはもっとびっくりな
おいしい味付けのラーメンが
出てくるのかもしれないですね(*^-^*)

2.中華そばが使われた時代とは?

中華そばが使われ始めたのは
ラーメンよりもう少し前。

第二次世界大戦以降です。

ちょうど中国が『支那』から
『中華人民共和国』に名前を変えた頃ですね。

中国の麺という意味で
『支那そば』と呼んでいたため、
国の名前が変われば
そばの名前も変わるというわけです。

 

『中華そば』という表記と呼び名は
今でもよく使われています。

ラーメンが定着した昭和33年以降に
オープンしたお店や中華料理店では、
今でも中華そば呼びが健在です(*^-^*)

3.支部そばが使われた時代とは?

最後に支那そばが使われ始めた時代ですが、
定かではありません。

おそらく明治中期以降といわれています。

明治初期までは南京からきたそばという意味で
『南京そば』と呼ばれており、
その後『支那そば』に変化したといわれています。

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

ラーメン・中華そば・支那そば
どれも同じお料理を指します。

作り方にも味付けにも違いはありません。

ただ、よく使われていた時代が違います。

  • ラーメン:昭和33年以降に定着
  • 中華そば:第二次世界大戦以降
  • 支那そば:明治中期以降

とはいえ今でも
この3つはどれもよく使われています。

昭和33年以降オープンのお店や
中華料理店では『中華そば』呼びが一般的ですし、
ご年配の方は『支那そば』のほうが
なじみがあったりします。

ラーメン=中華そば=支那そばと覚えておけば
ラーメンの呼び方で困ることはありません☆

Sponsored Links


食べ物の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト