目的と目標の違い!分かりやすく意味・具体例を解説

「目標」と「目的」この2つは
どちらも「何か」を得ようとする際に
使われる言葉です。

「目標を立てる」とか「目的地を決める」
など聞きなれた言葉だと思います。

ですが、もし誰かにこの意味を聞かれて
違いを正しく説明することができますか?

少し言い方が違うだけで、意味は同じだと
勘違いされていり方もいると思いますが、
それぞれの意味は異なります。

今回は、「目標」と「目的」についての
違いをお教えします☆

ここで、正しい意味を理解して
おきましょう(*^-^*)

スポンサーリンク



目的と目標の違いとは?

同じ意味のように使われている
2つの言葉ですが、実はお互いに
別々の意味を持っているのです!

「目的」と「目標」の微妙な言葉の
違いについてお答えしますね。

1.目的とは?

まず、目的の具体的な意味について
解説しましょう!

目的とは、

「成し遂げたい物事」

のことです。

つまり、

「何のためにそれをやるのか?」

についての「何のために」の部分
なります。

後ほど、具体的な例を出して分かりやすく
お教えするので、ここでは簡単な紹介だけに
しておきます。

2.目標とは?

次に目標についてですが、簡単に言って
しまうと、

目的を成しえるための目当て」

のことです。

「〇日までにこれをやろう!」
「テストで〇点を取る!」
「かならずこの山を登りきる!」

これらが目標になります。

ですから、目標というのは数字化した
ものが多いですね。

次からは、目標と目的の違いについて
分かりやすいように、具体例を出して
いきたいと思います。

スポンサーリンク

目的・目標を具体例で分かりやすく解説

目的と目標の具体例についてですが、
例えが分かりやすい

「ダイエットの場合」「受験の場合」
「仕事の場合」の3パターンに分けて
ご説明しましょう(*’▽’)

まずは「ダイエットの場合」から
入っていきますね♪

1.ダイエットの場合

例えば、生まれつきの体質や、
もともとの大食いのせいで太っていると
しましょう。

そのせいで、今まで男性からモテたことも、
付き合ったことがなく、「デブ」だと
馬鹿にされることも・・・。

そこで、あなたは

「50kg痩せて、綺麗になって
男性からモテる女になる!」

とダイエットを決意したとします。

上記の例で解説すると・・・

「①50kg痩せて、綺麗になって男性から
モテ
女になる!

①ダイエットで10kg痩せる・・・目標
②男性からモテる女になる・・・目標

この違い分かりますか?

①の「50kg痩せて」というのは達成したい
物事についての目当て、つまり目標です。

②の「綺麗になって男性からモテる」が
最終的に達成したい物事、つまり目的です。

それでは、次の具体例もどんどん
見ていきましょう~☆

2.受験の場合

次の具体例は受験のパターンですね!

参考例としては・・・

あなたは今日、第一志望の高校受験に
臨むことになっているとします。

そこで、あなたは

「全教科90点以上取ってA高校に
合格するぞ!」

と決めてこれまで受験勉強に励んで
きました。

ここでいう、目標と目的はどこに
当たるか分かりましたか?

ここでは、

「①全教科90点以上取ってA高校に
合格するぞ!

①全教科90点以上取る・・・目標
②A高校に入学する・・・目的

①の「全教科90点以上取る」というのは、
物事を達成するための目当て、つまり目標
あたる部分ですね。

②の「A高校に入学する」という部分は、
達成したい物事、つまり目的になります。

ここまでで、少しずつ目的と目標の
違いについて理解できてきたのでは
ないでしょうか?

さて、最後はお仕事パターンで
解説していきますね♪

Sponsored Links

3.仕事の場合

普段、仕事をしている人ならば、
こういった場面に遭遇する機会は
度々、あるのではないでしょうか?

普段の生活の中で、「目的」や「目標」を
掲げる機会が一番多いのは、恐らく社会人に
なって、仕事に就いたときだと思います。

仕事場での具体例だと・・・

あなたは1か月後に、ある企画の大きな
プレゼンを上司から任されたとします。

あなたは毎日、毎日残業しながら

「このプレゼンを無事に成功させて、
上司に認めてもらいたい!」

と意気込みながら会社でプレゼンの資料を
作成していました。

そろそろ、どこが目的と目標に当てはまるか
分かってきたかもしれませんが、ご説明しますね!

「①このプレゼンを無事に成功させて、
上司に認めてもらいたい!

①プレゼンを無事に成功させる・・・目標
②上司に認めてもらいたい・・・目的

①の「プレゼンを無事に成功させる」
部分は、物事を達成するための目当て、
目標になります。

②の「上司に認めてもらいたい」これが、
プレゼンをさせたい、つまり目的の部分
なるわけです。

少々、分かりづらかったかもしれませんが
ある程度、目的と目標の違いについて
お分かりいただけましたでしょうか?

 

まとめ

今回、解説をしたこの「目的」と
「目標」の言葉については、混同して
使っている人がかなり多いと思います。

似ているようで、実は異なるワードに
なるので、ぜひ覚えていただけたら
嬉しいです☆

ちなみに、このような混同しやすい
言葉はまだまだたくさんあります。

その一例として、下記の記事も
ご紹介しておきますので読んでみて
ください。

⇒生誕と誕生の違いとは?人間にしか使わないのはどっち

この他のにも、まだまだ似たような
言葉の違いはたくさんありますので、

またの機会にご紹介できればと
思います♡

Sponsored Links


言葉の違い



小嶋綾那をフォローする
違いを解決するサイト