延期・順延・延長の違い!正しい使い方&意味とは?

延期』『順延』『延長』。

どれも「日時などがのびる」という意味ですが、
正しい違い、ご存知ですか??

特に『延期』と『順延』の違いは
すごく微妙なので、いつもどっちを
使うべきか悩みますよね…(-_-;)

そこで今回は
『延期』『順延』『延長』の違い
調べてみました。

  • 延期・順延・延長の違いとは?
  • 延期・順延・延長の正しい使い方とは?

について詳しくお話しします。

運動会の延期やサッカーの延長戦など
わりとよく聞くのに
きちんとした違いがわかりにくいこの3つ。

この機会に
一緒に違いを勉強していきましょう!

スポンサーリンク



延期・順延・延長の違いとは?

『延期』『順延』『延長』の違いはずばり!

  • なにをのばすのか
  • いつまでのばすのか

という2点です。

1つずつ意味を確認していきましょう。

1.延期の意味とは?

まずは『延期』から。

『延期』を辞書で調べてみると、

期日や期限を延ばすこと。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『延期』とは
期日や期限を別の日時までのばす
という意味です。

いつまで延期するのかは特に決まっていません。

延期日があらかじめ決まっている場合もあれば
その場で決めたり後日決める場合もあります。

2.順延の意味とは?

次に『順延』ですが、
これは『延期』の一種です。

『順延』を辞書で調べてみると、

順繰りに期日を延ばしていくこと。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『順延』とは
期日や期限を順番通りの日時までのばす
という意味です。

『順延』は
いつまで延期するのか決まっている延期
というわけです。

延期日があらかじめ決まっていたり
翌日またその翌日…という風に
順番に延期していく場合には、
『順延』を使うのがわかりやすくベストです◎

3.延長の意味とは?

最後に『延長』ですが、
これは『延期』『順延』とかなり違うので
覚えやすいです(^^)

『延長』を辞書で調べてみると、

  1. 長さや期間を延ばすこと。また、延びること。
  2. 足し合わせた全体の長さ。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『延長』とは
それ自体をそのままのばすことです。

『延期』『順延』は別の日時にのばすので、
これは大きな違いですね。

たとえば

  • サッカーの延長戦
    =その試合自体をそのままのばす
  • 授業を延長する
    =その授業自体をそのままのばす
  • 黒板に書いた線を延長する
    =書いた線をそのままのばす

という感じです。

 

 

『延期』『順延』『延長』の違い
  • 延期:
    期日や期限をのばすこと。
    いつまでかは決まっていない。
  • 順延:
    順番通りに期日や期限をのばすこと。
    いつまでのばすかは決まっている。
  • 延長:
    それ自体をそのままのばすこと。
スポンサーリンク

延期・順延・延長の正しい使い方とは?

『延期』『順延』『延長』の使い方
例文で確認しておきましょう。

延期の例文

  • 虫歯がひどくて今日は治療できないので、
    抜歯は後日に延期します。
  • 欠席者が多いので会議は延期します。
  • 雨天決行です。延期はしません。

順延の例文

  • 雨のため、運動会は明日に順延となった。
  • でも明日も大雨予報なので、
    おそらく来週に順延となります。

延長の例文

  • 国会の会期を延長する。
  • 雑談が多くて会議が延長した。
  • 虫歯がひどくて
    治療時間が延長となった。

 

まとめ

いかがでしたか?

『延期』『順延』『延長』の違い

  • 延期:
    期日や期限をのばすこと。
    いつまでかは決まっていない。
  • 順延:
    順番通りに期日や期限をのばすこと。
    いつまでのばすかは決まっている。
  • 延長:
    それ自体をそのままのばすこと。

です。

使い分けるときには
なにをいつまでのばすのかを意識しましょう。

  • 期日や期限をのばす⇒『延期』
  • 期日や期限を順繰りにのばす⇒『順延』
  • それ自体をのばす⇒『延長』

という感じです(^^)

『順延』は『延期』の1種ですが、
延期日があらかじめ決まっている場合には
『順延』を使う方がスマートです◎

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト