臭い・匂い・香りの違い!例文で分かりやすく説明!

臭い』と『匂い』と『香り』。

ごはんのニオイや香水のカオリなどなど
日常生活でよく使う言葉ですね(^^)

でも…正しい違いや使い分け方、
ご存知ですか?

香りはともかく、
臭いと匂いの使い分けは難しいですよね…。

そこで今回は
臭い・匂い・香りの違いをご紹介します。

  • 臭い・匂い・香りの違いとは?
  • わかりやすい例文

について詳しくお話しします。

実は臭いと匂いは意味が違うため、
間違って使うと怒らせちゃうおそれもあります。

万が一にもそんなことにならないように、
この機会にしっかり覚えておきましょう(*^-^*)

スポンサーリンク



臭い・匂い・香りの違いとは?

臭い・匂い・香りの違いはずばり!

  • いいニオイかどうか
  • 高級感や美しさ

の2点です。

ニオイやカオリで高級感??って感じですが、
そこが日本語の繊細なところ

それぞれの意味を詳しく確認しながら
微妙なニュアンスもみていきましょう。

1.臭いの意味とは?

まずは臭いからいきましょうか。

臭いを辞書で調べてみると、

  1. 不快なにおいを感じる。いやなにおいがする。
  2. 疑わしいようすである。怪しい。
  3. 演劇などで、せりふの言い方や動作が大げさすぎてわざとらしい。

(引用元:コトバンク

とあります。

なんかイヤな意味ばっかりですね(;^^)

でも臭いってそういう言葉なんです。
だって…「クサイ」とも読めるでしょう?

臭いは不快だったり不愉快なときに使う
マイナスイメージの言葉なのです。

だから
「先日は素敵な香水をありがとうございます!
とってもいい臭いでした」
はおお間違い。

人によっては「失礼ね!」と
怒っちゃうかもしれません(> <)

2.匂いの意味とは?

次は匂いです。

匂いを辞書で調べてみると、

  1. そのものから漂ってきて、嗅覚を刺激するもの。
  2. いかにもそれらしい感じ・趣。
  3. はなやかで、見栄えのすること。威光。栄華。

(引用元:コトバンク

とあります。

嗅覚を刺激するという意味で
臭いと同じなんですが、
匂いはプラスイメージの言葉です。

趣があったりはなやかだったり、
よいニオイの場合に匂いを使います(^^)

つまり先ほどの例文なら、
「先日は素敵な香水をありがとうございます!
とってもいい匂いでした」
が大正解◎

これなら「気に入ってもらえてよかったわ」
と正しく気持ちが伝わります。

3.香りの意味とは?

最後に香りをみてみましょう。

香りを辞書で調べてみると、

  1. におい。特に、よいにおい。
  2. 品格。品位。
  3. 色つや。つややかな美しさ。

(引用元:コトバンク

とあります。

ニオイの中でも特によいニオイのこと
「香り」といいます(^^)

つまり「香り」は「匂い」と近いのです!

匂いと香りとの違いは
高級感や美しさにあります。

たとえば

  • バラの匂い
  • バラの香り

なら『バラの香り』の方が
高級感がただようと思いませんか??

よい匂いに高級感や美しさを感じたとき
『香り』を使います。

先ほどの例文なら、
「先日は素敵な香水をありがとうございます!
とってもいい香りでした」
とするとパーフェクトですね◎

相手が「またプレゼントしてあげよう」と思うほど、
心からの謝意を伝えることができます。

[surfing_su_box_ex title=”臭い・匂い・香りの違い” box_color=”#f9eeb6″ title_color=”#000000″]

  • 臭い:不快なニオイ。
  • 匂い:よいニオイ。
  • 香りよい匂いの中でも
    高級感などを感じるニオイ。

[/surfing_su_box_ex]

スポンサーリンク

例文で分かりやすく説明!

意味だけをみていても分かりにくいですよね。

分かりやすい例文で復習してみましょう!

例1:高級レストランでステーキを食べるとき

「わぁ!食欲をさそう香り」
「いい匂い!お腹すいたー」
×「肉の臭いだ」

ここで臭いを使うと、
「肉の臭いが不快」という意味になってしまいます。

例2:花束をもらったとき

「このバラとってもいい香り!」
「きれいしいい匂い」
×「花の臭いがする」

ここで臭いを使うと、
「花の臭いが嫌い」という意味になってしまいます。

例3:排水溝がくさいとき

×「このお店、排水溝の香りがするね」
×「この部屋、排水溝が匂うね。」
「排水溝が臭い…掃除しなきゃ。。」

ここで香りや匂いを使うと、
排水溝のニオイに高級感や快感を感じる
かなり変な人になってしまいます(;> <)

まとめ

いかがでしたか?

臭い・匂い・香りの違いは、

  • いいニオイかどうか
  • 高級感や美しさ

の2点です。

それぞれの意味は

  • 臭い:不快なニオイ。
  • 匂い:よいニオイ。
  • 香りよい匂いの中でも
    高級感などを感じるニオイ。

となので、正しく使い分けましょう。

いいニオイに「臭い」と使うと、
相手を怒らせてしまうかもしれません。

文字に書くときは特に注意して、
使い分けてくださいね(^^)

 

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト