生かす・活かすの違い!「経験をいかす」はどっちの漢字?

日本語というのは難しいもので、
違う漢字でも読み方・意味が違う単語が
とても多いでしよね?

生かす活かす

この2つはどちらも『イカス』と読みます。

似たような漢字で、意味も微妙に似ていますが
正しい意味と違いをご存知でしょうか?

正直私もどちらを使えばいいのか
よく迷っています(^^;;

そこで今回は、
『生かす』と『活かす』の意味と違いについて
調べてみました。

  • 生かすと活かすの違いとは?
  • 履歴書に書く!「経験をいかす」はどっちの漢字?
  • 生かすと活かすの常用漢字はどっち?

について詳しくお話ししていこうと思います。

正直、どっちでもいいのでは?
と思われるような小さな違いですが、
そこにはきちんと意味があります。

使い分けられるとかっこいいですよね!
ここで違いをはっきりと確認しましょう。

スポンサーリンク



生かす・活かすの違いとは?

活かす生かす
これらにはどんな違いがあるのでしょうか。

ざっくりとした違いは

事柄を上回るのか、通り過ぎるのかです。

どういうことなのかは
次項で順番に説明していきます。

a.生かすの意味とは?

『生かす』とは?

  1. 命を保たせる。
  2. 死なないようにする
  3. 生き返らせる
    (引用元:コトバンク)

とのことです。

ということは、『生かす』とは
生命に関することの生き死にを指す
ということですね。

 

a.生かすの例文

『生かす』を使った例文は以下の通りです。

  • 生かすの殺すもこちら次第
  • 金魚を鉢の中に入れて生かす
  • 捕らえた動物を生かしておく

b.活かすの意味とは?

では『活かす』はどんな意味合いなのでしょう。

『活かす』とは

  1. 能力・性能を発揮
  2. 活躍する
    (引用元:コトバンク)

ということです。

つまり『活かす』とは
能力や特性に関すること
を指します。

b.活かすの例文

『活かす』を使った例文は以下の通りです。

  • 才能を活かす
  • 長年の経験を活かす
  • 素材の味を活かして料理する
スポンサーリンク

 

履歴書に書く!「経験をいかす」のはどっちの漢字?

では上記を踏まえて、
履歴書でよく書く『経験をいかす』は

『生かす』と『活かす』の
どちらが正しいのでしょうか。

答えは…
「経験を活かす」が正解です。

それまで培った能力や経験を『活用したい』
という意味なので、
『活かす』が正解となります◎

生かすと活かすの常用漢字はどっち?

『生かす』と『活かす』。

“生”と”活”という常用漢字を使っていますが、
実は『活かす』という言葉は
常用漢字に表記されていません。

そのため、新聞などで表記される公用文では
『生かす』や『いかす』、もしくは
『活かす』に置き換えて使われます。

まとめ

いかがでしたか?
意外と分かりづらかった
『生かす』と『活かす』の違い
お分かりいただけましたか?

  • 生かす:
    生命に関することの生き死にを指す
  • 活かす:
    能力や特性に関すること

使いわけのポイントは使う対象が
生き物なのか能力なのかです。

生き物を死なないようにする、
生き返らせる、命を保たせるなら『生かす』、

能力・性能を発揮する、
活躍するなら『活かす

が正しい使い方となります。

もしも使い分けに困ったならば、
その事柄が「生き物」か「能力」か
振り分けてみてください。

それが「生き物」であれば
『生かす』が正しい選択になりますよ。

Sponsored Links


言葉の違い



ぽんをフォローする
違いを解決するサイト