口紅・リップ・グロスの違い!女性は知ってるのが当たり前?

化粧品売り場やネットショップなどでは、
口紅やリップ、グロスなど女性を美しくする
道具がたくさん並んでいますよね。

しかし、この口紅とリップとグロスって
どう違うのでしょうか?

女性なら知っていて当然だよと思っている
そこのあなた!

知っているようで実は間違って覚えていたり
しっかり説明出来なかったりしませんか?

そこで今回は、

・口紅・リップ・グロスの違い
・ルージュとはどう違うのか
・長持ちする塗り方

こちらを中心にお話をしていきたいと
思いますので、知っている方も知らない方も
改めて勉強していきましょう!

スポンサーリンク



口紅・リップ・グロスの違いとは?

さて、口紅とリップとグロスの違いについて
ですが、それぞれ唇に塗る商品としては
同じものですよね。

しかし、具体的にどのような違いがあるのか
それぞれ見ていきたいと思います。

1.口紅とは?

口紅は唇を鮮やかな色に着色するのが主な
目的の化粧品です。

発色が良く色味が豊富なのが特徴です。
色味が強いので、お化粧としてだけでなく
唇の血色が悪い時などに鮮やかな色でカバー
してくれるので、非常に便利です。

2.リップとは?

リップとは元々英語で「唇」を意味します。

しかし、日本では和製英語のリップクリームを
縮めて”リップ”と呼んでいることが多く、
主に薬用のリップクリームや保湿用の
リップクリームを指します。

中には鮮やかな色付きや、ラメ付きの
リップクリームもありますが、基本的に唇の
乾燥を防ぐために作られているので、
口紅ほどの発色は期待できないのでご注意を。

3.グロスとは?

グロスとはリップグロスの略です。

口紅やリップを塗った後に、艶出しとして
使われることが多いです。

ただ、艶出しが主な目的のグロスは、かなり
粘り気のある液体なので、食事などをすると
落ちることが多くなります。

スポンサーリンク

口紅・リップ・ルージュはどう違うの?

口紅やリップとともに「ルージュ」という
言葉もありますよね。

そもそもルージュとはどのような意味なので
しょうか。

ルージュは英語ではなくフランス語で
【赤色】を意味します。

日本では”口紅”と同じ意味で用いられており
どんな色にも限定せず、紅色以外の色でも
口紅と呼ぶように、「ルージュ」と呼びます。

口紅・リップ・グロス!長持ちする順番の塗り方とは?

女性が化粧をする際に、口紅とリップ、
グロスすべてを唇に塗る方は多いのでは
ないでしょうか。

では、どの順番に塗るのが長持ちするので
しょうか。

基本的には、

リップ⇒口紅⇒グロス

このように落ちやすいグロスを最後に塗る
のが基本的な塗り方でした。

しかし最近では、

リップ⇒グロス⇒口紅

と、このようにグロスを先に塗るという
塗り方が推奨されるようになりました。

さりげないツヤとなじみの良さ、そして唇の
縦ジワもカバー出来るということで、長持ち
させるだけでなく、流行の”ぽってりとして
ツヤのある”唇に仕上がると、人気の塗り方と
なっています。

まとめ

いかがでしたか?

口紅、リップ、グロスの違いを知ることが
出来たでしょうか?

今回のお話をまとめると、

・口紅は唇を鮮やかな色に着色する目的の
化粧品
・リップは薬用のリップクリームや保湿用の
リップクリームを指す
・グロスは口紅やリップを塗った後に、
艶出しとして使うことが多い化粧品
・ルージュは日本では「口紅」と同じ意味

このような内容でしたね。

この言葉の使い分けをしっかり覚えて
化粧品売り場で右往左往しないようにしましょう!

同じように、女性にお馴染みの物でも意外と
違いがわかりづらい品を紹介した記事が
あります。

⇒ミュール・サンダル・パンプスの違い!かかとの高さは関係ない!?

こちらも併せて読んでみてください!

Sponsored Links


ファッションの違い



名波宏之をフォローする
違いを解決するサイト