ニラレバ炒めとレバニラ炒めの違い!天才バカボンも影響していた?

好き嫌いが分かれるが、体にもよくて
栄養価が高い炒め物料理の「レバニラ炒め」
「ニラレバ炒め」

「レバニラ」か「ニラレバ」といった
読み方が逆なだけで、この2つの違いって
よく分からないですよね?

「というか、言い方が人によって違う
だけで、料理自体は同じなのでは?」

と単純に思いますよね。

それか、入れる材料が微妙に違うだけ
なのか、本当に同じ料理なのか・・・

考えてもらちが明かないので、この
「レバニラ炒め」と「ニラレバ炒め」の
違いを調べてみることにしました!

スポンサーリンク



ニラレバ炒めとレバニラ炒めの違いとは?

「ニラレバ炒め」と「レバニラ炒め」ですが、
なかにはレバーが嫌いで好きじゃない人も
いるかもしれませんね(笑)

ちなみに、この2つの料理の違い
ハッキリ分かりますか?

使っているレバーなどの材料が違うのでは
ないか?と考える人が多いかと思います。

そこで、この2品の違いをはっきりしようと
それぞれの違いについて調査しました。

それではまず、「レバニラ炒め」から解説
していきましょう。

レバニラ炒めとは、牛や豚のレバーをニラ、
ショウガなどで炒めて、塩コショウや醤油で
味付けした料理です。

このレバニラ炒めは、中華料理として
知られています!

そして、「ニラレバ炒め」「レバニラ炒め」と
何が違うかというと・・・

全く同じ食べ物何です、違いなどは全く
ありません!

残念ながら・・・(笑)

本来の料理名は「ニラレバ炒め」が正しい
料理名とされています。

では、なぜ「レバニラ」2つの「ニラレバ」で
料理名が分かれてしまったのでしょう?

その理由は・・・みんなも知ってる
有名なアニメキャラの「あの人」が関係
していた?のだとか。

そのあたりの解説については、後ほど
じっくりお話しますね(*^-^*)

 

どこの国から伝わった料理なの?

ニラレバ炒めは中華料理なので、
もともとは中国で発祥した料理です。

ですが、日本で食べられている
ニラレバ炒めは日本人向けにアレンジ
されているのだそうです☆

また、前述で「レバニラ炒め」ではなく、
「ニラレバ炒め」と翻訳されているそうです。

ですから、やはりこの料理名は、
「ニラレバ炒め」が正解だということ
ですね♪

スポンサーリンク

中国ではどっちのことを言うの?

前述でもお話してしまいましたが、
ここで、再度おさらいの意味で
お伝えしておきますね!

ニラレバ炒めの発祥はもともと
中国です。

今、日本で食べられている料理は
「日本人向け」に材料や味付けが
アレンジされているそう。

中国では「ニラレバ炒め」と「レバニラ炒め」
どちらが正しい言い方なのかというと・・・

中国で翻訳すると「ニラレバ炒め」が
正解なのです。

ですから、中国では「ニラレバ炒め」の
ことを指すということですね!

 

地域の違いではない!天才バカボンも影響していた?

「レバニラ炒め」「ニラレバ炒め」と
呼び方が分かれているのは、地域によって
なのでしょうか?

いいえ!そういう理由ではなく、
他の理由があるのです。

先ほど、上記でお伝えしたように
名前が分かれた理由は、

「ある有名なアニメキャラ」

が影響していると言われています。

そのキャラクターとは・・・

アニメの「天才バカボン」の主人公、
バカボンパパです。

バカボンパパの好物が「ニラレバ炒め」で
あったためだそうです。

当時、人気だったバカボンのアニメの
なかで「レバニラ炒め」と呼んでいたので
「レバニラ炒め」という名前が一般的に
なったということ。

もちろん、確証はないのですが過去に
呼ばれていたのが「ニラレバ炒め」で
あったとしたら、影響はあったのでは
ないかと考えられます・・・。

Sponsored Links

餃子の王将・大阪王将や飲食店ではどっち?

ちなみに、飲食店では「レバニラ炒め」と
「ニラレバ炒め」のどちらで表記されて
いるのでしょうか?

お店のメニューではどうなっているのか
分かりませんが、サイトを見てみると
こんな感じになっています。

●餃子の王将・・・ニラレバ炒め
●大阪王将・・・レバニラ炒め

他にもいくつかの飲食店も見た
ところ、半々で2つとも使われて
おりました。

ですから、中華料理の飲食店では
正しい表記のお店と、誤って表記された
お店と、どちらもあることが分かりました。

 

まとめ

今回の調査の際に、

「一体どんな違いがあるのか?」

と少しワクワク気味だったのですが、
全く同じ料理だったとは思いません
でした・・・。

料理の違いはありませんでしたが、
特記事項として分かったこともあるので
さいごにまとめておきますね♪

●一般的な呼び方⇒レバニラ炒め
●正しい料理名⇒ニラレバ炒め
●レバニラ炒めの由来⇒バカボンパパの影響?
(※明確にはなっていない)
●飲食店の表記⇒餃子の王将:ニラレバ炒め、
大阪王将:レバニラ炒め

他の飲食店に関しては五分五分で
レバニラ炒めとニラレバ炒めが使わて
おりました(‘◇’)ゞ

また、同じ中華料理に関連して
こんな記事もあるので良かったら、
ぜひ読んでみてください!

何気なく、よく食べられる料理の
仲間ですが一体どんな違いがあるのか?

⇒ラーメン・中華そば・支那そばの違い!時代が違うだけ?

なかなか興味深いので、面白いと
思います☆

Sponsored Links


食べ物の違い



小嶋綾那をフォローする
違いを解決するサイト