皮・革・皮革の違いとは?意味は全く違うって本当?

『皮』『革』『皮革』。

どれも「かわ製品」「かわのお財布」などで
よく見かける漢字ですが、
この3つの違い、わかりますか??

実は微妙に違う言葉なんです( ゚Д゚)

しかも意味が違っているので、
使い間違えると誤解を招いてしまうかも!

というわけで今回は
『皮』『革』『皮革』の違い
調べてみました。

  • 皮・革・皮革の違いとは?

について、例文も合わせて詳しくお話しします。

この3つの違いがわかれば、
革小物を買うときなんかに
ちょっと通ぶれるかもしれません(*^-^*)

スポンサーリンク



皮・革・皮革の違いとは?

『皮』『革』『皮革』の違いは
ずばり!

  • どういう状態にあるか

の1点です。

1つずつどういうものなのか、
詳しくみていきましょう。

a.皮の意味とは?

まずは一番簡単な漢字である『皮』です。

『皮』を辞書で調べてみると、

  1. 動植物の肉・身を包んでいる外側の膜。表皮。
  2. 物の表面にあって、中身を覆ったり包んだりしているもの。
  3. 物事の表面にあって、本質を覆っているもの。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『皮』とは
なにかを包んでいるものというわけです。

『皮』は包んでいるものそれ自体を指すので、
単に『皮』という場合には
「はいだままの動物の皮」を意味します。

a.皮の例文とは?

『皮』はいろいろな場面で使われます。

  • あの人は面の皮が厚い。
  • みかんの皮をきれいにむく。
  • 化けの皮をはいでやる!
  • サメのような皮だ。
  • このお饅頭は皮がおいしいね。

『皮』は動物の皮だけでなく、
中身を包んでいるものという意味
使われることが多いです。

b.革の意味とは?

次はデパートなどでよく見る『革』です。

『革』を辞書で調べてみると、

毛を取り除いてなめした獣の皮。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『革』とは
製品にすべくなめした動物の皮のことです。

「なめす」というのは、
毛を取り脂肪も除いて柔らかくする作業のこと。

『皮』になめす作業を施したもの=『革』
となります。

b.革の例文とは?

『革』は本来の「なめした皮」以外に、
ダメなものを良くするという意味でも
よく使われます。

  • 革製品
  • 革靴
  • 改革
  • 革命

c.皮革の意味とは?

最後は『皮革(ひかく)』です。

『皮革』を辞書で調べてみると、

なまの皮となめした革。また、動物の皮を加工したものの総称。レザー。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『皮革』とは漢字の通り、
『皮』も『革』も含んだ革製品に全般
のことです。

どちらかというと、腐敗しないように
加工をほどこして安定させたものを指します。

最近では人工皮革など動物の皮や革以外のものも
『皮革』と呼びます。

c.皮革の例文とは?

『皮革』は日常生活ではあまり使われません。

  • 皮革産業
  • 皮革製品

など、産業分野で使われる程度です。

『皮』『革』『皮革』の違い
  • 皮:
    なにかを包んでいるものそれ自体。
    はいだままの動物の皮。
  • 革:
    毛を取り除いてなめした獣の皮。
    なめした加工を施した皮=革。
  • 皮革:
    革製品全般のこと。
    最近は人口皮革も含む。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

『皮』『革』『皮革』の違い

  • どういう状態にあるか

の1点です。

  • 皮:
    なにかを包んでいるものそれ自体。
    はいだままの動物の皮。
  • 革:
    毛を取り除いてなめした獣の皮。
    なめした加工を施した皮=革。
  • 皮革:
    革製品全般のこと。
    最近は人口皮革も含む。

 

『皮』は動物の皮以外にも、
お饅頭の皮や化けの皮など
日常的によく使われます。

 

同じく『革』も、動物の革以外に
「改革」や「革命」などの熟語に
よく使います(*^-^*)

『革』は本来そのままでは使えない『皮』を
なめして良くしたものなので、
良くないものを良くするという意味
このような使われ方をするのです。

 

逆に『皮革』は普段あまり使われません。

皮革製品など産業用語として使われる程度です。

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト