紅白の大トリとトリの違い!正しい使い分け・意味を解説

よくテレビの紅白で聞くフレーズの
「トリ」「大トリ」という言葉。

「トリ」は一番最後に出演する出演者の
ことで、奇席以外でも使われることが
ありますね。

それならば、「トリ」以外で用いられる
「大トリ」との違いは何なのでしょうか?

紅白では、「紅」「白」ごとにトリ
存在しますよね?

ちなみに、この2つの違いについて
誰かに説明することができますか?

今回は、紅白の「トリ」と「大トリ」
違いについて、まとまてみました。

また、「トリ」の由来についても、
解説していこうと思います。

興味がある人は、ぜひ違いを解消して
みてくださいね(*^^*)

スポンサーリンク



紅白の大トリとトリの違いとは?

では早速、紅白の「トリ」と「大ト
違いについて見ていきましょう。

普段、何気なく違いについて気になって
いる人もいるかもしれませんが、

この2つの違いって何なのかよく分かって
いない方が、ほとんどではないでしょうか?

最初に、「トリ」の由来を簡単に説明して
おくと、「トリ」は芸を演じる場である、
寄席の用語です。

出演のギャラは、最後に出る「主任」が
全て受け取り、出演者に配ることになって
いました。

そこで演出者の最後を取る、ギャラを
受け取ることから、

「取り(トリ)」

と呼ばれるようになったのが由来と
されています。

1.紅白の大トリとは?

大トリとは、トリと同様に最後に出る
出演者のことを意味します。

例えば、NHKの紅白の場合、先攻と後攻に
別れますよね?

もし、先攻が紅だった場合は紅の最後に
歌う人が「トリ」です。

そして、後攻の白のチームで最後に歌う、
つまり全体の最後に歌う出演者を「大トリ」
と呼ぶのです!

ですから、もし先攻が白で後攻は紅の
場合は、紅の最後の出演者が「大トリ」
なります。

スポンサーリンク

2.紅白のトリとは?

大トリの説明のときにも説明しましたが、
再度「トリ」の解説をさせていただきます。

トリというのは、最後の出演者という
ことですね。

紅白で、先攻が「紅」で後攻が「白」
なったとしたら、

「トリ」は紅チームで最後に歌う出演者
ことを指します。

ちなみに、白で最後に歌う人は出演者、
全体の「トリ」ですから「大トリ」という
呼び方になります。

呼び方の違いは、チームの最後か全体の
最後なのかということ。

まとめると、以下のようになりますね。

●トリ・・・チームで最後の出演者
●大トリ・・・全体で最後の出演者

紅白は毎年、先攻と後攻が変わるので、
先攻の最後の出演者が「トリ」を演じる
ことになるわけです。

 

寄席で大トリを使わない場合もあるの?

「トリ」や「大トリ」は奇席といって
お客さんに芸を披露する場で使われることが
多い言葉です。

紅白が代表的でしょうか。

ですが、「トリ」というのは、もともと
落語で使われていた用語でした。

基本的に、使われ方にバラつきがある
ようですが、落語では「トリ」を使う
ことがほとんど。

ですから、「大トリ」という言葉
落語などで聞く機会はほぼないかと
思います。

それもそのはず!

「大トリ」というのは紅白が発祥
言葉なのです。

ですから、落語や他の寄席で聞く
機会がないというわけ。

ですから、この「大トリ」という
言葉は、紅白ならではの用語なん
ですね(*^^*)

Sponsored Links

「究極の大トリ」と呼ばればのは誰のこと?

ここまでで、「トリ」と「大トリ」の
違いを解説してきましたが・・・

「究極の大トリ」

と呼ばれるのは、誰のことなので
しょうか?

この言葉は、2013年ころに生まれた
言葉で最近発祥された言葉です。

きっかけは、北島三郎さんの引退
合わせた演出だったのだそうです。

つまり、北島さんの引退に合わせた
演出のときだけに使われた用語なので、

それ以降、この言葉を使われることは、
ないそうです。

ですが、一部のファンでは

「またこの言葉を復活させて欲しい!」

という希望の声も上がっているの
だとか。

また、余談になりますが、最後に出演する人が
「トリ」なら、最初に演じる人にも呼び方が
あるのでしょうか?

調べてみると・・・

最初に演じる人のことを「ハナ」と呼ばれて
いるのだそうです。

この由来は、

「端っから相手にしていない」

の「端」から用いられた用語。

だからといって、決して悪い意味で
使われている用語ではありません。

でも、この呼び方はテレビなどで聞く機会は
少ないと思います。

また、その人が新人で初登場の場合は

「サラ」

という呼び方をします。

「真っさら」のことを指す言葉から
できた由来なのだそうです☆

 

まとめ

「トリ」も「大トリ」のどちらも
最後に出演する人には違いはありません。

紅白なら、紅が先攻で白が後攻の場合は
次のようになるわですね。

●トリ=チームの最後に歌う人(紅)
●大トリ=全体の最後に歌う人(白)

また、「トリ」が発祥した落語などの
寄席には「大トリ」という用語はなく、

「大トリ」は紅白ならではの用語である
ことも解説していきました。

演出に関わる用語では、他にも「ライブ」
「コンサート」「リサイタル」がありますね。

これらも、同じ用語として用いられることが
多いですが、違いはあるのでしょうか?

⇒コンサート・リサイタル・ライブの違い!ジャイアンが歌うのは?

ドラえもんに登場する歌うことが好きな
「ジャイアン」が歌うのはどれに当てるか
気になりますね(笑)

Sponsored Links


言葉の違い



小嶋綾那をフォローする
違いを解決するサイト