押印・捺印・押捺の違い!正しい読み方・使い分けとは?

押印』と『捺印』と『押捺』。

なんとなくよく使う言葉ですが、
正しい違いや使い分け方をご存知ですか?

「え?全部印鑑を押すことじゃん?」

と思うかもしれませんが、
実はびみょーな違いがあるのです(;^^)

そこで今回は
押印・捺印・押捺の違いをご紹介します。

  • 押印・捺印・押捺の違いとは?
  • 正しく使い分けるポイントとは?

について詳しくお話しします。

行政書士の私としては
社会一般の言葉と法的な言葉が違うのも
ちょっと気になるところです。

プチ雑学としてでも、
ぜひ覚えて帰ってくださいね(*^-^*)

スポンサーリンク



押印・捺印・押捺の違いとは?

押印・捺印・押捺の違いはずばり!

  • なにを押すのか

の1点です。

「印鑑じゃないの?」と驚きましたか?(^^)

実は印鑑以外を押すという意味の言葉も
含まれているのです。

それぞれの意味を詳しくみていきましょう。

1.押印(おういん)とは?

まずは押印からです。

押印を辞書で調べてみると、

印を押すこと。捺印(なついん)。
(引用元:コトバンク

とあります。

押印=捺印なんですね◎

どうして同じ意味の言葉が
2つもあるのかというと、
その答えは常用漢字にあります。

捺印の「捺」は常用漢字ではないため、
簡単な「押」が使った「押印」
使われるようになりました。

押印の法的な意味

押印と捺印は同じ意味ですが、
法律では「押印」が使われています。

常用漢字でみんなが読みやすいので、
「押印」が使われるようになったのです。

これに対して一般社会では
なじみのある「捺印」がよく使われています。

そのため役所などで
「署名押印ください」と言われたときに
少し戸惑う方が多いんですね。

そんなときは迷わず、
『署名捺印のことだな』と思ってOK◎

自分で名前を書いて、印鑑を押しましょう。

2.捺印(なついん)とは?

次は捺印ですが、
先ほどもお話しした通り捺印=押印です。

つまり印を押すことですね。

捺の字は小学校で習わないため、
より簡単な押印が使われるようになりました。

しかし一般社会では、
捺印のほうがよく使われていますし
なじみがあるのではないでしょうか(^^)

3.押捺(おうなつ)とは?

最後に押捺をみてみましょう。

押捺を辞書で調べてみると、

判などを押すこと。捺印。押印。
(引用元:コトバンク

とあります。

ここで注目してほしいのは、
判など…』となっているところです。

そう!押捺は押印・捺印と違って
印鑑以外のものを押すときにも使うのです◎

印鑑のほかに指紋を押すとき
「押捺」が使われています。

[surfing_su_box_ex title=”押印・捺印・押捺の違い” box_color=”#f9eeb6″ title_color=”#000000″]

  • 押印:印を押すこと。法律上はこちらを使う。
  • 捺印:印を押すこと。一般的にはこちら。
  • 押捺印や指紋を押すこと。

[/surfing_su_box_ex]

スポンサーリンク

正しく使い分けるポイントとは?

押印・捺印・押捺を正しく使い分けるポイントは
なにを押すのかの1点です。

  • 印鑑を押す場合→押印・捺印
  • 印鑑や指紋を押す場合→押捺

と使い分けましょう。

 

押印と捺印はどちらを使ってもOKですが、
どちらかといえば一般的な捺印がおすすめです◎

法律職の人と話すときや役所などでは
『押印』と言っても大丈夫ですが、
一般的には伝わらないかもしれませんからね(;^^)

まとめ

いかがでしたか?

『押印』『捺印』『押捺』の違いは、

  • なにを押すのか

の1点です。

それぞれの意味は

  • 押印:印を押すこと。法律上はこちらを使う。
  • 捺印:印を押すこと。一般的にはこちら。
  • 押捺印や指紋を押すこと。

となっています。

捺印の「捺」の字は常用漢字ではないため、
簡単な「押」を使った「押印」が
使われるようになりました。

そのため法律上は「押印」が主流ですが、
社会では「捺印」のほうが一般的です。

 

役所などで「署名押印を」と言われても
「えっ?」とびっくりしないでくださいね。

「署名捺印」のこととまったく同じなので、
自分の名前を書いて横に印鑑を押しましょう。

 

押印・捺印・押捺の使い分けのポイントは、
なにを押すのかという1点だけ◎

印鑑を押す場合は押印か捺印を、
それ以外の指紋などを押す場合は押捺を
使えばOKです。

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト