謙譲語・尊敬語・丁寧語の違い!分かりやすく一覧で解説

謙譲語』と『尊敬語』と『丁寧語』。

…日本語で一番難しい分野ですよね。。

国語で習ったときにはこんがらがって
文法大嫌いになったのを覚えています(´;ω;`)

でも社会人として
この3つの正しい使い分けは大切です!

そこで今回は
謙譲語』『尊敬語』『丁寧語』の違い
調べてみました。

  • 謙譲語・尊敬語・丁寧語の違いとは?
  • 謙譲語・尊敬語・丁寧語の一覧で解説
  • 謙譲語・尊敬語・丁寧語のよく間違える例

について詳しくお話しします。

この3つを正しく使い分けるには
日々気を付けて話して
慣れていくのが一番だと思います。

一緒にがんばりましょう♪

スポンサーリンク



謙譲語・尊敬語・丁寧語の違いとは?

謙譲語・尊敬語・丁寧語の違いは

  • 主体はだれか
  • 相手との上下関係はあるか

という2点です。

それぞれの意味から
詳しく主体をみていきましょう。

1.謙譲語の意味とは?

謙譲語を辞書で調べると

その動作や状態の主体を,相対的に下位にあるものとして示す単語や語法。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり謙譲語とは
目上の方に対し自分をへりくだるときに使う言葉
というわけですね。

自分を下の立場におくので主体は自分で、
相手の方が立場が上になります。

2.尊敬語の意味とは?

尊敬語を辞書で調べると

話し手が聞き手または話題の中の動作主、また、その動作・状態・事物などを高めて言い表すもの。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり尊敬語とは
目上の方をたてるときに使う言葉
というわけです。

自分の立場はそのままで相手を上に見るので
主体は相手となり、
相手の方が立場も上になります。

3.丁寧語の意味とは?

丁寧語を辞書で調べると

話し手が、聞き手に対して敬意を直接表したり、改まった気持ちで、言葉遣いを丁寧にしたりする時に用いられるもの。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり丁寧語とは
相手に敬意を払うときに使う言葉です。

謙譲語と同じく主体は自分ですが、
自分と相手の立場との間に上下はありません。

謙譲語と尊敬語と丁寧語の違い
  • 謙譲語:自分をへりくだるときに使う言葉。
    主体は相手。
    相手の方が立場が上。
  • 尊敬語:目上の方をたてるときに使う言葉。
    主体は自分。
    相手の方が立場が上。
  • 丁寧語:相手に敬意を払うときに使う言葉。
    主体は自分。
    相手との立場に上下関係はない。
スポンサーリンク

謙譲語・尊敬語・丁寧語の一覧で解説

とまあ意味を説明されても
わかりにくいですよね(-_-;)

よく使う謙譲語・尊敬語・丁寧語
一覧でみておきましょう。

動詞謙譲語尊敬語丁寧語
言うおっしゃる。申しあげる。言います。
お話しします。
聞くお聞きになる。拝聴する。お聞きします。
聞きます。
見るご覧になる。拝見する。見ます。
読むお読みになる。拝読する。読みます。
来るいらっしゃる
お越しになる。
参る。来られる。
来ます。
行くいらっしゃる。
おいでになる。
伺う。行きます。
行かれる。
知るご存知。存じ上げる。知っています。
するなさる。いたす。します。

謙譲語・尊敬語・丁寧語のよく間違える例

よく間違えがちな例もみておきましょう。

  • ×「あなたが申されるような…」
    ⇒〇「あなたがおっしゃるような…」
  • ×「明日お伺いいただけますか?」
    ⇒〇「明日お越しいただけますか?」
  • ×「了解しました」
    ⇒〇「承知しました(かしこまりました)」
  • ×「ご一緒します」
    ⇒〇「お供させていただきます」

他にも注意が必要なのは、
身内に尊敬語は使わないことです。

たとえば取引先からの電話で、
自分の勤め先の社長について
「社長は今昼食をとっていらっしゃいます」
などと言ってはいけません。

謙譲語あるいは丁寧語を使い、
「社長は今席を外しております」
などと答えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

謙譲語・尊敬語・丁寧語の違いは、

  • 謙譲語:自分をへりくだるときに使う言葉。
    主体は相手。
    相手の方が立場が上。
  • 尊敬語:目上の方をたてるときに使う言葉。
    主体は自分。
    相手の方が立場が上。
  • 丁寧語:相手に敬意を払うときに使う言葉。
    主体は自分。
    相手との立場に上下関係はない。

です。

こんがらがったときは
相手との上下関係に立ち戻ってみる
正しい言葉がわかりますよ(*^-^*)

謙譲語・尊敬語の使い分けは難しいですが、
相手を尊敬する意識さえ忘れなければ
ひどく叱られたりはしないと思います。

焦らず、少しずつ使いこなせるように
慣れていきましょう。

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト