早い・速い・疾いの違い!「仕事・時間・足」の例文で解説

「はやい」

この言葉は様々な場面で使いますよね?
時間について、動きについて、季節の
移り変わりなど、よく使うと思います。

「はやい」という漢字では”早い”、
”速い”、”疾い”など、いろいろあります。

あなたはきちんと使い分けることが
出来ているでしょうか?

こういった質問をされると意外と自信が
なかったりしませんか(笑)

「時間については”早”かな」とか、
「走るのは”速”かな」とか使い分けれて
そうで、本当の所はわからないまま
使うこともあるでしょう。

そこで今回は、
早い、速い、疾いの違いについて
お話していきますので一緒にお勉強して
いきましょう!

スポンサーリンク



早い・速い・疾いの違いとは?

いずれの漢字を使っても、
「はやい」という言葉の意味は
同じような意味を持ちますが、具体的に
どのように違うのでしょうか。

まずは、それぞれの漢字の「はやい」の
言葉の意味を見てみましょう。

1.早いの意味とは?

まずは「早い」を辞書で調べてみると
このような意味になります。

早い

1.時間的に前である。
2.まだその時期でない。
3.事が簡単に済む。てっとり早い。
(引用元:三省堂 大辞林)

となっています。

「朝、起きるのが早い」
「会って話した方が早い」

などの、”環境”について「はやい」と使う
時にこの漢字を用います。

早起きなどがわかりやすいですね。

2.速いの意味とは?

続いて「速い」を辞書で調べてみると、
このような意味になります。

速い

動作・作用の進行にかかる時間が短い。進む程度が大きい。すみやかだ。
(引用元:三省堂 大辞林)

となっています。

「彼は足が速いから追いつけない」
「頭の回転が速い」

などの”動体”について「はやい」と使う時に
用います。

速度に関する事と思えば
わかりやすいかもしれません。

スポンサーリンク

3.疾いの意味とは?

そして「疾い」を辞書で調べて
みるとこのような意味でした。

疾い

動作・作用の進行にかかる時間が短い。進む程度が大きい。すみやかだ。
矢のように、いきおいよく宙を飛ぶようにすばやい。

(引用元:三省堂 大辞林)

と、「速い」とほぼ同じ使い方ですが、

「疾風のごとく」

のように、自然現象と絡めた使い方が多いです。

また、「疾病」など病気に関することにも
用いるときもあります。

仕事・時間・足がはやい!例文で解説

続いては、

・仕事
・時間
・足がはやい

この3つの場面での”はやい”の使い方を、
例文で説明をしていきたいと思います。

【仕事】

◆彼は仕事がとても速い。
◆頭の回転が速い。

このように、迅速な行動の時には
「速い」となります。

【時間】

◆時が経つのが速い。
◆予定より1時間も早い。

時間の時に使う”はやい”はこのように
2パターンあります。

進み程度が大きい場合は”速い”
時間的に前の事の場合は”早い”
となります。

【足がはやい】

◆あの子は足が速いからいつも1位だ。
◆夏場はお刺身の足が早くなっているから、
早めに食べなきゃね

と、”足がはやい”にも意味が2つあります。

足が速いのは、動体的な事なので”速い”
用います。

2番目の足がはやいの使い方は、腐っていくと
いう意味で、環境についての「はやい」
なのでこの場合は”早い”となります。

Sponsored Links

速いの対義語は遅いなの?

では、”速い”の対義語は何になるの
でしょうか?

それは、「遅い」で問題ありません。

ちなみに「早い」の対義語は
「晩い」になります。

速い(fast)←→遅い(slow)
早い(early)←→晩い(late)

このように英語で考えてみると
納得出来ますね。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

日本では同じ言葉でも
漢字によって使い分けることが出来ます。

しかし、多すぎて急にわからなくなって
しまう事もありますよね。

まとめ

「早い」は環境に関すること
「速い」は動体に関すること
「疾い」は自然現象に関すること

これで使い分ける時も悩むことは
なくなりましたね。

正しい使い方を覚えて、恥をかかないように
しましょう!

⇒以後と以降と以来の違い!含む・含まないの正しい使い方

こちらでも使い分けが難しい言葉を
解説していますので是非ご覧ください!

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト