言い訳・申し訳・弁解・弁明・釈明の違い!正しい意味とは?

『言い訳』『申し訳』

『弁解』『弁明』『釈明』。

どれも間違いや過ちを謝ったり
事情を説明する意味の言葉です。

…見てるだけで
額に汗がわいてきそうな
いや~な言葉ですね(:~~)

でも謝罪や事情説明は大切ですから、
この4つの違いは
理解しておきたいところです。

というわけで今回は
言い訳』『申し訳』
『弁解』『弁明』『釈明』
の違い
調べてみました。

  • 言い訳・申し訳・弁解・弁明・釈明の違いとは?

について、
それぞれを使うシーンも合わせて
詳しくお話しします。

この4つ、ニュアンスや使うシーンが違うので
上手に使い分けることが必要です。

一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク



言い訳・申し訳・弁解・弁明・釈明の違いとは?

言い訳』『申し訳』
『弁解』『弁明』『釈明』の違い

  • ニュアンス
  • 使うシーン

の2点です。

意味が似ているだけに
ちょっと難しいですね(;~~)

それぞれの意味をみていきましょう。

a.言い訳とは?

まずは『言い訳』です。

『言い訳』を辞書で調べてみると、

  1. 自分の言動を正当化するために事情を説明すること。
    また、その説明。弁解。
  2. 筋道をたてて物事を説明すること。解説。
  3. 過失・失敗などをわびること。謝罪。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『言い訳』とは
自分の言動を正当化するために
説明すること
です。

『言い訳』は本来
「事情を説明する」という意味でした。

しかし今では、どちらかといえば
「言い逃れ」に近いニュアンスがあり、
「言い訳するな!」と怒るときにも使います。

a.言い訳をするシーンとは?

『言い訳』は「言い逃れ」に近いので、
たしかに自分に非があるけれど
こちらの事情もわかってほしい
というシーンで使います。

たとえば

  • (商品を壊してしまったのは私のミスだけど)
    こんなとこに置いてあるとは思わなかった。
  • (遅刻したのは悪かったけど)
    目覚まし時計が鳴らなかったんです。
  • (クレームがいくつもきちゃったけど)
    もともとはお客さんの勘違いなんです。

という感じですね。

b.申し訳とは?

次は『申し訳』です。

『申し訳』を辞書で調べてみると、

  1. 自分のとった行動について相手に理由を説明すること。
    言いわけ。弁解。
  2. なんとか言いわけできる程度。
    ほんのわずか。実質がなくて形だけであること。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『言い訳』とは
自分の言動を説明することです。

『申し訳』は『言い訳』の謙譲語なので、
『言い訳』の意味とほぼ同じですね(^^)

 

ただ『言い訳』が「言い逃れ」に近いのに比べ、
『申し訳』は謝罪の意味合いが強いです。

謙譲語なので、
へりくだって申し訳なく思う気持ちが
強くこもって伝わるのですね(^^)

b.申し訳をするシーンとは?

『申し訳』は謝罪の意味合いが強いので、
こうなってしまった事情を説明して
謝罪する
というシーンで使います。

たとえば

  • (商品を壊してしまって)
    こんなとこに置いてあるとは思わず
    私の不注意でした、申し訳ないです!
  • (遅刻してしまって)
    時計が壊れているのに気づきませんでした、
    申し訳ございません。
  • (クレームがいくつもきてしまい)
    対応が未熟でした、申し訳ございません。

という感じですね。

c.弁解とは?

次は『弁解』です。

『弁解』を辞書で調べてみると、

言い訳をすること。言いひらき。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『弁解』とは『言い訳』と同じで
たしかに自分に非があるけれど
こちらの事情もわかってほしい
という意味です。

ただ「弁解の余地もない」などのように、
『言い訳』よりも正当な事情の場合が多いです。

c.弁解をするシーンとは?

『弁解』はたとえば

  • (商品を壊してしまって)
    商品がぬれていて
    落としやすかったのだと弁解する。
  • (遅刻してしまって)
    電車が30分遅れていたと弁解する。
  • (クレームがいくつもきてしまい)
    常連クレーマーだったと弁解する。

という感じで使います。

『言い訳』よりは正当な事情ですね。

スポンサーリンク

d.弁明とは?

次は『弁明』です。

『弁明』を辞書で調べてみると、

  1. 事情などを説明してはっきりさせること。
  2. 他人の非難などに対して、言い開きをすること。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『弁明』とは
自分の事情を説明して相手を納得させる
という意味です。

謝罪や言い逃れのニュアンスはなく、
ただ事情を説明して
相手に理解を求めるときに使います。

d.弁明をするシーンとは?

『弁明』はたとえば

  • 不利益な処分に対して弁明し、
    事情の理解を求める。
  • 電車が30分遅れていたと弁明し、
    試験時間の延長を求める。
  • 朝帰りを怒る妻に急な残業だと弁明し、
    信じてもらう。

という感じで使います。

ただ事実を説明するときは
『弁明』を使うのがぴったりです◎

e.釈明とは?

次は『釈明』です。

『釈明』を辞書で調べてみると、

自分の立場や考えを説明して、誤解や非難を解き、理解を求めること。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『釈明』とは
自分の事情を説明して誤解を解く
という意味です。

ただ事情を説明するという点で
『弁明』と似ていますが、
『釈明』は相手の誤解を解く
というニュアンスが強いです。

e.釈明をするシーンとは?

『釈明』はたとえば

  • 不利益な処分に対して釈明し、
    すべては誤解であるとわかってもらう。
  • 約束の時間は30分後で
    自分は遅刻していないと釈明し、
    遅刻の誤解を解く。
  • システムエラーの原因は自分ではなく
    外部業者のミスだと釈明する。

という感じで使います。

誤解を解くために事実を説明するときは
『釈明』というわけですね(^^)

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

『言い訳』『申し訳』
『弁解』『弁明』『釈明』
はそれぞれ、

  • ニュアンス
  • 使うシーン

の2点が違います。

それぞれ

  • 言い訳:
    言い逃れのニュアンス
  • 申し訳:
    謝罪のニュアンス
  • 弁解:
    言い訳より正当なニュアンス
  • 弁明:
    ただ事実を説明するニュアンス
  • 釈明:
    弁明より誤解を解くニュアンス

が強い言葉です。

Sponsored Links


言葉の違い



sweetflowerをフォローする
違いを解決するサイト