能率・効率・生産性の違い!正しい意味と使い方を解説

『能率』『効率』『生産性』。

どれもビジネスシーンでよく使う言葉です。

効率や能率は生産性に直結しますから、
私も日々これを上げようと
努力しています!

なーんてカッコつけましたが、
実はこの3つの違いが
いまいちわかっていません(;^_^A

難しいですよね…!

というわけで今回は
『能率』『効率』『生産性』の違い
調べてみました。

  • 能率・効率・生産性の違いとは?
  • 能率・効率・稼働率は違う意味なの?
  • 能率・効率・生産性を機械で例えてみた

について詳しくお話しします。

3つの違いが分かれば、
上司の指示内容がもっとよく分ったり
部下に適切な指示を出せますよ。

スポンサーリンク



能率・効率・生産性の違いとは?

『能率』『効率』『生産性』はすべて
仕事の割合を示す言葉です。

しかし

  • 比較する対象

が違います。

それぞれの意味と使い方を
みていきましょう。

1.能率の意味・使い方とは?

『能率』を辞書で調べてみると、

一定時間内にできる仕事の割合。仕事のはかどり方。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『能率』とは
働いた時間に対する仕上がった仕事の割合
という意味。

働いた時間とできた仕事の比較なのです。

仕事時間と成果を比較して、

  • 子供と料理を作ると能率が悪く、
    時間が足りない。
  • 能率が上がる。
  • 能率が悪い。

という感じで使います。

2.効率の意味・使い方とは?

『効率』を辞書で調べてみると、

  1. 機械などの、仕事量と消費されたエネルギーとの比率。
  2. 使った労力に対する、得られた成果の割合。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『効率』とは
使った労力に対する仕上がった仕事や製品の割合
という意味。

割いた労力や使った燃料などと
得られた成果の比較
なのです。

消費したエネルギーと成果を比較して、

  • 子供と一緒に料理をすると
    家事の効率は悪いが楽しい。
  • 効率がいい機械に替えたい。
  • もっと効率よくしないと!

という感じで使います。

3.生産性の意味・使い方とは?

『生産性』を辞書で調べてみると、

生産のために投入される労働・資本などの生産要素が生産に貢献する程度。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『生産性』とは
労力がどのくらい成果に貢献したかの割合
という意味。

得られた成果に対する労力の寄与度の割合なのです。

 

『効率』はただ労力に対する成果の割合ですが、
『生産性』は寄与した割合です。

『生産性』は『効率』よりシビアな指標であり、

  • 生産性を高めていこう!
  • あの人は生産性がない。

という感じで使います。

 

『能率』『効率』『生産性』の違いと使い方

すべてできた仕事の割合を示す言葉。
でも比較対象が違う。

  • 能率:
    働いた時間に対する割合
  • 効率:
    使った労力やエネルギーに対する割合
  • 生産性:
    労力の寄与度の割合
スポンサーリンク

能率・効率・稼働率は違う意味なの?

仕事の割合を示す言葉で、
『稼働性』もよく使いますよね。

『稼働性』を辞書で調べてみると、

ある期間のシステムの全運転時間に対する稼働時間の割合。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『稼働性』とは
どのくらいの時間稼働していたかの割合
という意味。

要するに実働時間の割合ですね。

『能率』『効率』と違って、
『稼働性』には成果は関係ありません。

能率・効率・生産性を機械で例えてみた

最後に、『能率』『効率』『生産性』の
使い分け方を確認しておきましょう。

エアコンで考えるとわかりやすいです(*^-^*)

  • 能率:
    このエアコンは10分で部屋全体を冷やすが、
    扇風機も回すと5分で冷えて能率が上がる。
  • 効率:
    エアコンのフィルターが汚れたままだと
    エネルギー効率が悪くなって
    電気代に比べて冷えが悪くなるよ。
  • 生産性:
    業務量エアコンを新調したおかげで
    室温がパン酵母に最適になった。
    おかげで発酵がよくなり、生産性が上がった。

まとめ

いかがでしたか?

『能率』『効率』『生産性』はどれも
できた仕事の割合を示す言葉です。

しかし比較対象が違います。

  • 能率:
    働いた時間に対する割合
  • 効率:
    使った労力やエネルギーに対する割合
  • 生産性:
    労力の寄与度の割合

『能率』と『効率』は時間的な割合ですが、
生産性は寄与度の割合なのが特徴です。

また、よく使う言葉として
『稼働性』というものがあります。

これは実働時間の割合のことで、
成果が関係ない点で
『能率』『効率』と違っています。

Sponsored Links


言葉の違い



sweetflowerをフォローする
違いを解決するサイト