生誕と誕生の違いとは?人間にしか使わないのはどっち

『生誕』と『誕生』。

漢字をひっくりかえしただけで
とてもよく似ている言葉です。

しかも意味はどちらも同じ…(;~ ~)

なんで同じ意味の言葉が2つもあるのかと
日本語の繊細さがちょっと恨めしいです。。

でも実際には使い分けられているので、
ここは違いを覚えるしかありません!

というわけ今回は
『生誕』と『誕生』の違い
調べてみました。

  • 生誕と誕生の違いはあるの?
  • 生誕祭と誕生祭は同じこと?

について詳しくお話しします。

『生誕』と『誕生』の違いは
実は簡単で一度覚えたら
もう間違える心配はないくらいです。

一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク



生誕と誕生の違いはあるの?

『生誕』と『誕生』の違いは

  • 使う相手

の1点です。

ねっ、簡単そうでしょう?(^^)

1.生誕とは?

『生誕』を辞書で調べてみると、

人が生まれること。誕生。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『生誕』とは
人間が生まれることです。

『生誕』は人間にしか使えない言葉で、
「犬の生誕」などとはいいません。

また基本的には偉人に使われます。

たとえば

  • 有名歌手の生誕祭
  • 釈迦の生誕から○○年

という感じですね(*^-^*)

 

とはいえ偉人でなければ
使えないというルールはありません。

自分や友だちに使ってもOKなので、
あまりかたく考えなくて大丈夫です。

動物に使わないようにだけ気をつけましょう。

2.誕生とは?

『誕生』を辞書で調べてみると、

  1. 人が生まれること。出生。生誕。
  2. 生まれて1回目の誕生日。
  3.  物事や状態が新しくできること。
    (引用元:コトバンク

とあります。

つまり『誕生』とは
なにかが生まれることです。

『生誕』が人間にしか使えないのに比べて
『誕生』はなにに対しても使えます。

人間でも動物でも偉人でも普通の人でも
建物でもなんでもOK。

たとえば

  • 有名歌手の誕生日
  • キリストの誕生から○○年
  • 待望の大型スーパーの誕生
  • 愛犬の赤ちゃんの誕生

という感じです。

 

一般的に「うまれる」ことを言う場合は
『誕生』を使います。

『生誕』は現代ではかなり特殊な言い方で、
アイドルの生誕祭や宗教儀式など
あえての場合にしか使いません。

 

『生誕』と『誕生』の意味
  • 生誕:
    人間が生まれること。
    動物には使えない。
    基本的には偉人に使う。
  • 誕生:
    なにかが生まれること。
    基本的にはこちらを使う。
    なんにでも使える。

 

スポンサーリンク

生誕祭と誕生祭は同じこと?

さて。

それぞれの意味がわかったところで、
今度は実際の使い方をみていきましょう。

『生誕』と『誕生』は
『生誕祭』と『誕生祭』という形で
よく使われます(*^^*)

これ、どちらも「お誕生日会」のことで
特に違いはありません。

 

ただ先ほどお話しした通り、
『生誕』は基本的に偉人に使います。

偉人は亡くなっている場合が多いので、
生きている人に『生誕祭』を使うと
少し違和感があります。

一般的には

  • 生きている人や一般人⇒誕生祭
  • 亡くなった人や偉人⇒生誕祭

を使います。

まとめ

いかがでしたか?

『生誕』と『誕生』はどちらも
「生まれること」の意味で同じです。

ただ使う対象が違っていて

  • 生誕:
    人間が生まれること。
    動物には使えない。
    基本的には偉人に使う。
  • 誕生:
    なにかが生まれること。
    基本的にはこちらを使う。
    なんにでも使える。

と使い分けられています。

 

とはいえこの使い分けは
若干あいまいです(;^ ^)

偉人でなくても『生誕』を使ってOKですし、
偉人に対して『誕生』を使ってもいいです。

人間以外に『生誕』を使わない
という1点にだけ注意しましょう。

 

 

ちなみに…
『生誕』と『誕生』と同じく意味の違いや
使い分けがあいまいな言葉として
『目的』『目標』があります。

⇒目的と目標の違い!分かりやすく意味・具体例を解説?

この2つですが明確な違いがあり、
とても興味深いですよ!

ぜひ一度読んでみてくださいね(*^-^*)

Sponsored Links


言葉の違い



sweetflowerをフォローする
違いを解決するサイト