出生地と出身地の違い!地元と故郷は同じ意味?

出生地』と『出身地』。

地元』と『故郷』。

それぞれの正しい意味の違い
ご存知でしょうか?

なんとなく同じような意味で
使ってしまいがちな言葉ですよね…(;~~)

でもこの4つ、
それぞれ微妙に意味が違っているんです!

今回は
『出生地』と『出身地』、
『地元』と『故郷』の違い

調べてみました。

  • 出生地と出身地の違いとは?
  • 地元と故郷は同じ意味?

について詳しくお話しします。

違いさえきっちり覚えておけば、
「出身は?」と聞かれたときに
答えに迷わなくてすみます(^^)

ちょっとしたトリビアにもなりますし、
ぜひ一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク



出生地と出身地の違いとは?

出生地』と『出身地』の違いはずばり!

  • 生まれた場所
  • 長く住んでいたば場所

の違いです。

それぞれ意味を確認していきましょう(^^)

1.出生地の場所とは?

まずは『出生地』から。

出生地を辞書で調べてみると、

生まれた所。
(引用元:コトバンク

とあります。

わかりやすいですね(^^)

出生地とは読んで字のごとく、
生まれた場所のことです。

戸籍にも登録されるため、
日本人ならどの人も出生地は明確です。

昔は番地まで詳しく記載されていましたが、
今は最小行政区までが戸籍に記載されます。

たとえば「東京都千代田区」って感じですね。

戸籍をみる機会があれば、
ぜひご自身の出生地を確認しておきましょう♪

2.出身地の場所とは?

次は『出身地』です。

出身地は出生地よりも幅が広く、
辞書で調べてみると

その人が生まれた土地。また、育った土地。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり「出身地どこ?」と聞かれたときには

  • 生まれた土地
  • 育った土地

の2パターンの答え方があるのです。

生まれた土地と育った土地が同じ人は
特に迷わないと思いますが、
生まれた土地と育った土地が違う人
どう答えようか悩みますよね。

育った土地が複数ある人もいるでしょう。

そんなときには
生まれてから15歳までの間に
一番長く住んでいた場所
を出身地とするのがおすすめです◎

この時期に住んでいた場所こそ
あなたの人格形成
もっとも影響を与えた土地といえますし、
きっとあなた自身も愛着が深いと思います(^^)

スポンサーリンク

地元と故郷は同じ意味?

地元』と『故郷』の違いはずばり!

  • 今現在の関係の深い場所
  • 生まれ育った場所

の違いです。

それぞれ定義をみていきましょう(^^)

1.地元の定義とは?

まずは『地元』から。

地元を辞書で調べてみると、

  1. そのことに直接関係ある土地。
  2. その人が居住している土地。また、その人の勢力範囲である土地。
    (引用元:コトバンク

とあります。

ちょっとわかりにくいですね(;~~)

いいかえると、

  • ぶいぶいいわせている場所
  • 大きな顔をして歩ける場所

という感じでしょうか??

要するに、
長く住んでよく知っている場所
ということです。

ただ、『地元』に明確な定義はありません。

今住んでいる場所に強い愛着を感じているなら、
たとえ短い期間しか住んでいなくても
そこが地元でOKです。

逆に長く住んでいる場所でも
特に愛着を感じられないときは、
そこを地元と無理に呼ぶ必要はありません。

2.故郷の定義とは?

最後は『故郷』です。

故郷を辞書で調べてみると

生まれ育った土地。ふるさと。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり故郷は地元よりも明確で、
生まれ育った場所こそがあなたの故郷です。

まとめ

いかがでしたか?

『出生地』と『出身地』、
『地元』と『故郷』の違い

お分かりいただけたでしょうか?

  • 出生地:生まれた場所
  • 出身地:生まれた場所、または育った場所
  • 地元:直接関係している場所
  • 故郷:生まれ育った場所

出生地は戸籍にも登録されており、
日本人ならみんな明確です。

しかし出身地・地元・故郷に
はっきとした定義はありません。

一番長く過ごした土地や
一番愛着を感じている場所を、
出身地や地元と呼んでOKです。

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト