チョッキ・ベスト・ジレの違い!全て同じ意味って本当?

『チョッキ』『ベスト』『ジレ』。

なじみがあるようなないような言葉ですね(-_-;)

特に『ジレ』は
知らない方多いんじゃないでしょうか。

私は最近ショップ店員さんに初めていわれて、
「へ??ジレってなに??」
ってポカーンとなりました。。

というわけで今回は
『チョッキ』『ベスト』『ジレ』の違い
調べてみました。

  • チョッキ・ベスト・ジレの違いとは?
  • イギリス英語ではウェストコートって言うの?
  • ベストの代表例とは?どんな種類があるの?

について詳しくお話しします。

この機会に学んでおけば、
私のようにショップで恥をかかずにすみます!

ぜひ覚えて帰ってくださいね。

スポンサーリンク



チョッキ・ベスト・ジレの違いとは?

『チョッキ』『ベスト』『ジレ』。

この違いはずばり…ありません!

どれも等しく、袖のない胴着を指します。

たとえば上の写真の防弾チョッキも、
洋服の形としては

  • 防弾ベスト
  • 防弾ジレ

でも間違いではないのです。

1つずつ、詳しく意味や語源を
みていきましょう。

1.チョッキの意味・語源とは?

まずは『チョッキ』から。

ちょっと古いイメージありますよね。

『チョッキ』を百科事典で調べてみると、

袖がなく丈の短い胴衣で,セビロ(背広),ワイシャツなどと同じように日本独自の疑似外来語の服飾用語。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『チョッキ』とは
英語でもフランス語でもなく
日本独自のいわゆる和製英語です。

日本でしか通じません(-_-;)

 

チョッキの語源は

  • 英語のjack
  • フランス語のjaque
  • ポルトガル語のjaque
  • オランダ語のjak

など諸説ありますが、
どれも定かではありません。

明治時代には一般的な呼び方でしたが、
英語が普及するにつれて
チョッキは使われなくなりました。

2.ベストの意味・語源とは?

次は今もっとも一般的な『ベスト』です。

『ベスト』を百科事典で調べてみると、

丈の短い袖無しの胴衣で,日本ではチョッキともいう。ベストはアメリカでの名称であり,イギリスではウエストコートwaistcoatと呼ぶ。
(引用元:コトバンク

とあります。

『ベスト』はアメリカ英語なんですね!(^^)!

日本の英語教育はアメリカ英語が基本なので、
チョッキに代わって『ベスト』が
次第に一般的になってきました。

 

『ベスト』の語源は

  • フランス語のveste
  • 英語のvest

の2つです。

フランス語のvesteが米英語のvestとなり、
米英語のvestが日本語の『ベスト』になったと
考えられています。

最善という意味のBestとは
発音も綴りも違うので、
注意してくださいね。

 

ちなみに、イギリスで『ベスト』というと
袖なしの肌着を意味します。

こちらも注意しましょう。

3.ジレの意味・語源とは?

最後にあまりなじみのない『ジレ』です。

『ジレ』を百科事典で調べてみると、

スーツなどを着るとき上衣の下に着るブラウスがわりの胴衣。
おもに女性用で,袖なし,脇で紐結びが多く,フリルやレースなどの飾りをつける。
…(中略)…
19世紀中ごろに今日の背広服が確立されてから,チョッキとして用いられてきた。
(引用元:コトバンク

とあります。

つまり『ジレ』とはもともと
女性用のふりふり袖なしブラウスだったものが
次第に男性用として今のベストになった
というわけです。

 

ジレの語源はフランス語のgilet。

一般的に、前面にだけ上等な布を使ったり
飾りをつけたりします。

 

『チョッキ』『ベスト』『ジレ』の意味と語源

意味は全部同じで、袖のない胴着のこと。

【語源】

  • チョッキ:
    和製英語。明治時代まで使われた。
    英語やポルトガル語など、語源には諸説ある。
  • ベスト:
    アメリカ英語とフランス語が語源。
    明治以降一般的になった。
  • ジレ
    フランス語が語源。
    もともとは女性用の袖なしブラウス。
スポンサーリンク

イギリス英語ではウェストコートって言うの?

日本ではスーツやタキシードの下などに
着ることが多いベストですが…

本場イギリスでは
ウエストコート(waistcoat)と言います。

waistとはウエストや胴のことで、
coatとは着るもののことです。

つまりは「ウエストコート=胴着=ベスト」
というわけです。

同じ英語なのに
アメリカとイギリスで違うなんて、
日本人からすると不思議ですよね(^-^)

ベストの代表例とは?どんな種類があるの?

今ベストはスーツの下に着るだけでなく、
おしゃれアイテムとして人気です。

いくつか種類をみておきましょう。

1.デニムベスト

デニムベストは
デニム生地のベストのことです。

お笑い芸人のスギちゃんが
着ているアレです(*^-^*)

2.ダウンベスト

ダウンベストは
ダウンジャケットの袖なしバージョンです。

袖がないけれど暖かいので、
初冬や少し寒い秋の日におすすめです◎

3.ニットベスト

ニットベストは
ニットでできたベストのことです。

シャツの上に着るとあったかいですし、
袖がないので動きやすいんですよ(*^^*)

小さな子の防寒お部屋着として人気です。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

『チョッキ』『ベスト』『ジレ』は
どれも袖なしの胴着のことです。

意味は同じでも、語源や
一般的に使われていた時期が違います。

  • チョッキ:
    和製英語。明治時代まで使われた。
    英語やポルトガル語など、語源には諸説ある。
  • ベスト:
    アメリカ英語とフランス語が語源。
    明治以降一般的になった。
  • ジレ
    フランス語が語源。
    もともとは女性用の袖なしブラウス。

 

以前はスーツやタキシードの下に
着ることが多かったのですが、
最近はおしゃれアイテムとしても人気です。

デニムベストやダウンベストなど
さまざまなベストが売られています。

ニットベストは動きやすく暖かいため、
子どもの防寒着としても人気です。

Sponsored Links


言葉の違い



withplaceをフォローする
違いを解決するサイト